スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top
スキーシーズン始まり
2013 / 12 / 24 ( Tue )
紅白幕連続

いよいよ、スキーシーズンの到来です。(^^)
最近は、スキーに夢中で、寝ても覚めてもスキーのことばかり考えています。()

今日は、私の愛用するスキー板を紹介します。

ユニティー U-S2
オガサカ ユニティー U-S2 165cm(113-70-103 R=14.3m)
「ユニティ」シリーズのセカンドモデルになります。昨年登場で、今期継続モデルです。
2年間自然乾燥させた芯材を加工し、熟練のスキー職人が仕上げた逸品。日本製です。
(2年寝かせると、木の狂いや反り・歪みが出尽くすそうです。スキー板製作動画←
実際のスキーの芯材として使われるのは、そのうちの1割位になるとのこと)
明るい白基調のシンプルなデザインが気に入っております。(^_^)

特徴は、しなやかなフレックスと柔らかなトーション。
乗り味は、優しくマイルドで雪の抵抗を適度にスキー板が逃がしてくれる感じになります。
けっこう一日ガッツリ滑るほうなので、脚の負担が少ないのはありがたいです。
(よくスキーをやらない人からは、「筋肉痛にならない?」と聞かれます。なくはないですが
あまり疲れない楽な板になります。)

「ユニティ」は、100周年を迎えた小賀坂スキー製作所の中でも伝統あるスキー板です。
調べてみると、初めて「ユニティ」の名が登場したのは、37年前の昭和52年。

ユニティUS-G広告 昭和52年
当時のユニティ広告 昭和52年 サイズは165cm~195cm
前年登場「GF ウルトラS」のウルトラの名前が他社に登録されていることが判明し
「ユニティ」に改名したとのことです。()ヘェーポン
はたして「ウルトラ」の名前のままなら、現在も「ウルトラ」の名前だったでしょうか?
当時の定価69000円も今のビンディングなしの価格にほぼ相当。
昔は、スキー板が高価だったんですね~

当時のスキー雑誌を読むと、スキー特性や設計上の狙いは・・・
「オールラウンドスキー。斜面のバリエーションにタフなスキーである。
幅広いスキーヤーを対象に設計。スキー操作のしやすい、素直にはけるスキーだ」
これって、今のユニティと全く同じ設計コンセプトではありませんか!

ウルトラS広告 昭和51年
前年登場の「GFウルトラS」広告 昭和51年 (デザインは、UnityとUltra以外、ほぼ一緒)
このGFとは、グラスファイバーのことで、GFシリーズは昭和39年に登場。
また、今のユニティにも使われている刻みの入った「ネオフレックスエッジ」は
昭和44年から採用し、しなやかなフレックスを生み出しております。

私、こんな珍古台のブログをやる位なので、古くからある物や伝統とかには弱いのです。(^^;;
スキーメーカーにも栄枯盛衰があり、流行に左右されやすい業種でありながら、
今も当時と同じ名前とコンセプトで発売されているスキーは他にありません。
「スキーの上達には、最適ですよ」との勧めで購入した「ユニティ」ですが、
知れば知るほど愛着がわきます。()

材質にこだわった丁寧な仕上げの長野生まれ国産スキー。
スッキリとしたシンプルな白いデザイン。
(そう言えば、パチンコの枠も以前はスッキリした白い化粧版でしたね…)
私の好みではありますが・・・
柔らかい乗り味を好み疲れにくい板をおさがしの方にはオススメです。

さて、先日、志賀高原までスキー旅行に行きました・・・

続きをどうぞ・・・

ミニ花輪連続
ミニ花輪連続

それでは、続きをどうぞ・・・

今年の12月中旬までは、昨年に比べると雪の少ない地域が多いようです。
各地のスキー場もオープンが遅れ気味・・・
そこで、標高が高く内陸で気温も低い志賀高原に行ってきました。

志賀高原は、19のスキー場が集まる国内最大級のスノーエリアです。

積雪も多くないだろうな、と思ったら初日は大雪。
一日中降りまくってました。
雪のため、あまり気温が低くなり過ぎないのがせめてもの救いです。
スキー以外にも楽しまなくっちゃ。
あまりにも降りまくるので、少し休憩も長めです。

スキー場と言えば、妙に高いカレーやラーメンが定番ですが・・・

グランフェニックス タンシチュー
大人のリゾート奥志賀高原 「グランフェニックスホテル」 タンシチュー 
48時間煮込んだというタンシチューは、肉厚でとても柔らかく絶品です!

雪の勢いが強く、あまりいい風景の写真が撮れません・・・(^^;;

志賀高原樹氷
標高2000m 樹氷も育ちつつあります 焼額山
期待以上のパウダースノーでした。()
なんでも、同じパウダーでも標高の高い(気圧の低い)山のパウダーは、
より柔らかく軽いとか。北海道の雪質ともまた違ったものがあるようです。

夕方から雪は更に激しくなり、ホワイトアウト。
テレビのニュースでは、戸隠で路線バスがスリップ転落したとか。
長野県北部は、大荒れだったようです。

東館山ゴンドラ
翌日、少し晴れ間もでてきました。卵型ゴンドラがかわいらしいですね。(^^)
スーノボードは、卵の殻と殻の間にはさみます。 東館山ゴンドラ

昨日からの新雪で、ゲレンデコンディションはバッチリ!
雪煙をあげながらの爽快なパウダースノー。
「着雪が少ないため閉鎖」というコースもいくつか見られますが、単に人員や
コース整備の都合では・・・
ただし、風が出てきて、山上のいくつかの高速リフトは止まっています。

志賀高原焼額山
ずっと大雪でしたが、ほんのつかの間の晴れ間です・・・焼額山
一の瀬ファミリースキー場側より
しかし、この後スグに雪が。山の天候は変わりやすいです。

奥志賀高原ホテルカツカレー
冷たい風に打たれ、疲れた体を休ませます。
暖かく迎えてくれます。お疲れ~「奥志賀高原ホテル」カツカレー
食器の一つ一つにホテルの刻印が打たれてあります。

奥志賀高原ホテル 暖炉
食後は、ゆったり暖炉でくつろぎます。奥志賀高原ホテル
薪の炊ける匂いが心を落ち着かせてくれます。

奥志賀高原は、スキーヤーオンリーで、人も多くなく、静かな時間が流れております。

充実した連休となりました。(^_^)
パチンコ打つよりも満たされた感があります。
これからスキーシーズン。予定は目白押しです。

今回、パチンコネタはありませんでしたが、次回は沖スロ特集になります。m(_ _)m

紅白幕連続
スポンサーサイト
18 : 00 : 00 | 旅ネタ | トラックバック(0) | コメント(2) | page top
<<年始!石垣島・沖スロツアー!! | ホーム | アレジン試打>>
コメント
----

お疲れさまです。
小賀坂スキー良いですね。

子供の頃、栗田の工場の隣に住んでました。

懐かしいです。

自分も今年こそSKIを新調したいです。


そして、沖スロ集めたいです。
by: 古台くん * 2013/12/24 22:17 * URL [ 編集 ] | page top
--古台くんさま--

こんばんは。(^^)
パチンコネタでなく、恐縮です。m(_ _)m

長野にお住まいだったのですね。
あのあたりもオリンピックを境に新幹線ができたりで、だいぶ当時と変わったのではないでしょうか。
緑字の「スキー板製作動画←」をクリックすると、小賀坂スキーの工場製作動画が観られます。
よかったらご覧になって下さい。(^_^)
私の板は、小賀坂スキーの中でも特に柔らかい板になります。

志賀高原でも寺子屋スキー場から見おろす善光寺平の景色など、長野出身の方がグッとくる写真を撮りたかったのですが、お天気が・・・(_ _)
でも、おかげで雪質には恵まれました。(^^;;

懐かしさを感じてもらえてよかったです。(^^)
沖スロ特集は、新年企画になります。
by: アポロン * 2013/12/25 01:58 * URL [ 編集 ] | page top
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://appolon.blog13.fc2.com/tb.php/86-307785a2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。