スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top
パチンコ大賞 西陣 平成2年
2012 / 08 / 27 ( Mon )
紅白幕連続

古い話題の多い当ブログですが、時にはタイムリーな話題を(でもないか・・・)

この七月より全国のホールで「トキオ・デラックス」が導入されていることと思います。
旬の「スカイツリー」を役物に採り入れるなんて、サスガですね。()
3R・7R・16Rの振り分けがガチ1/3というふれこみ。
私もさっそく挑戦してみました。
波が荒いっす!
あっさりVが決まり続けたかと思いきやウンともスンとも言わなくなったり・・・

打ち止め札が信用ならない、かつてのスパンキーのようです。(^^;;

トキオデラックス②
目指すはてっぺん 『トキオデラックス』カタログ おっしゃれ~()

役物は、工夫が凝らされております。
通常時と大当り時は、スカイツリーの回転速度が異なります。
大当り時のほうがゆっくりめで、遠心力・スカイツリーの脚にあたるタイミング上、
V入賞は甘いです。

大当り時は、V入賞の既視感を植え付けられます・・・
計算されつくした役物は、少々いやらしい感じです。そこが平和っぽいといいましょうか・・・
5&10のため、ちょっとしたスランプに躓くと、スグにのまれます。
超イレギュラーな玉の動きはありませんが、東京タワー(第一関門)を抜けなくても、
チャンスはあります。

トキオデラックス①
おぉ~ここにも「玉の動き」が!\(^o^)/ 来年の流行語大賞をねらいたいですね

玉の動きといった役物内V入賞パターンは、大味な感じは否めませんが・・・
ハネモノを出し続ける気概にこれからも期待したいですね。(^^)

さて、今回は、8Rハネモノを代表する機種。ご存知「パチンコ大賞13」
当時、西陣の同期は「すし五郎」「お上手ランド」と豪華なラインナップ。

パチンコ大賞必勝ガイド平成2年4月①
90年パチンコ産業展出展11機種紹介記事 『パチンコ必勝ガイド』平成2年4月号

1月18日・19日、東京・晴海の国際見本市東館において、東日本遊技機商業協同組合主催の
パチンコ産業展が開催されました。二日間の来場者数は、2万5百人。(東遊商発表)

この頃は、まだハネモノもパチンコ店の主力機種でした・・・
当時、この記事を読んで、ハネモノが益々おもしろく発展するものと疑いませんでした・・・

パチンコ大賞必勝ガイド平成2年4月④
同展「すし五郎」「おジョーズランド」紹介記事 『パチンコ必勝ガイド』平成2年4月号

単体でもメインを張れそうな機械を一気に3機種出展!!
当時の西陣(ソフィア)の開発力には、驚かされます。

この時紹介された同時期他メーカーの機種は・・・
平和「アトランティス」「パックンロボ」
三共「エンタープライズ」「スウィングⅠ」
奥村「大和Ⅱ」「酋長さん」「カニゴン」
三洋「孫悟空」
それぞれ個性的な楽しい機種ではありますが、その後の設置台数・人気度から、いかに当時の
西陣(ソフィア)に勢いがあったかうかがえます。

パチンコ大賞必勝ガイド平成2年4月②
同展「パチンコ大賞」紹介記事『パチンコ必勝ガイド』平成2年4月号

これらの機種の中でも俄然、注目を浴びたのが「パチンコ大賞13」
「打ちてぇ~ヤリてぇ~」
まずは、さわってみたいというオーラにみなぎっています!

パチンコ大賞 役物①
業界初ではありませんが、ドット表示を採り入れた役物
斬新な貯留方法・移動するVゾーンのアイディア

まさにこの年を代表する機種となりました。

パチンコ大賞 本体写真
「パチンコ大賞」本体写真
このピンクの枠も、今では懐かしいですね。(^_^)
西陣ハネモノ黄金期の到来です。

   それでは続きをどうぞ・・・

ミニ花輪連続
ミニ花輪連続

それでは、機種紹介です。

パチンコ大賞 盤面①
パチンコ大賞 盤面写真

盤面写真を見て、懐かしく思われる方も多いのではないでしょうか。(^_^)
当時は、どこのお店のハネモノコーナーにもあった印象です。

パチンコ大賞必勝ガイド平成2年9月③
大人気飛行機台徹底研究 「パチンコ必勝ガイド」平成2年9月号

上は、西陣から発表された「パチンコ大賞」と「おジョーズランド」の詳細記事です。
全国設置台数「8~9万台」は、何度も盤面替えが行われたロングセラー機「ゼロタイガー」の
50万台!?やそれに次ぐ元祖貯留機「ビッグシューター」を別格とすれば、かなり多い数字です。

単純に設置台数を平成2年全国パチンコ店軒数1万6700軒で割ると、八万台とした場合、
平均約4.8台になります。
セブン機に比べ平均導入台数が少ないハネモノでの8万台は、大ヒットと言えるでしょう。

パチンコ大賞必勝ガイド平成2年9月②
大人気飛行機台徹底研究 「パチンコ必勝ガイド」平成2年9月号
当時は、ハネモノにおいても、このような詳細な記事が組まれました。

パチンコ大賞 羽根開放①
「イケ!」  時は、まさにドット全盛期。
セブン機におけるドット使用は、出遅れた感のある西陣ですが、前年発売の「マッハシュート」
「スペースファイヤー」等で好評だったドット表示器を採用しました。

「イラッシャイ~ イラッシャイ~ デルヨ~デルヨ~ 出マス 出シマス トラセマス」
多彩な表示ができます。

パチンコ大賞必勝ガイド平成2年4月③
シリーズ機にオール11の「パチンコ大賞11」がありますが、導入店は少なかったです。
地域性は、あるかもしれませんが、私の住んでいた地域では9割がた「パチンコ大賞13」でした。

それでは、動画をどうぞ。



いかがでしたか?

大当りの軍艦マーチや羽根開放音・入賞音、懐かしいですね。
以前、「レッドライオンα」の頁で論じました「緊張と緩和」も盛り込まれております。

始動口の連続入賞は、羽根開閉後なら、ほぼ有効です。
ちなみに冒頭の「トキオ・デラックス」は、この無効時間が長く、無駄玉が生じます。
改善してほしいですね。

パチンコ大賞の最大の見せ場は、貯留解除!
Vゾーンが移動し、手前にドル箱をひっくり返します。

貯留解除時にVゾーンが手前に移動というアイディアは視覚効果バツグン!
「役物連続作動装置は、1個まで」という規定も〇祝と書かれたステージの出現により
クリアされております。
また、このステージの存在が、貯留解除をより効果的に演出します。

パチンコ大賞 役物②
高継続・特賞出玉多目がトレンドになったこの頃、迫力ある貯留解除はインパクト大!

動画では、貯留解除時のパンク映像がありますが、実際のパンクパターンとしては、
寄りの悪さからくる、貯留玉の少ない、いわゆる「寄らずのパンク」が多かったです。
玉が暴れる6個貯留より玉が安定する5貯留のほうが継続率が高い印象があります。

少し前に「CRAパチンコ大賞LFZ」というリメイク機がありました。
貯留玉解除の演出はありましたが、いかんせん、継続とは全く関係ないため、
ハラハラ感がありません。必然のない演出は、おもしろみに欠けます。
「パチンコ大賞」の名前で売り出したから、やらざるを得ない。まるで儀式です。
役物手前のフタが開くのですが、なんだかゴミ箱に玉を捨ててるような感じ・・・
見せ方も悪く、機械のツボが解ってないなぁ。ガッカリ指数の高い台でした。

パチンコ大賞 役物④
ハズレ4カウントでドル箱を持ち上げ、貯留開始! ゴロゴロ~
持ち上げたドル箱を揺するしぐさもかわいらしくて好きです。(^^ )

パチンコ大賞 役物⑤
ハズレ9カウント、もしくは羽根開放18回目にVゾーンが手前に移動し・・・

パチンコ大賞 役物⑥
ドル箱をひっくり返し、貯留解除! バクダン
小さい役物ながら、ぶちまけかたも豪快です。

この一連の流れは、セル画の4コマ漫画!?にも描かれています。

1コマ目 「玉箱停留!」
2コマ目 「Vゾーンがチョメチョメて・・・!!」
3コマ目 「あひぃー!!」
4コマ目 「バクダン」 ドコッ

2コマ目のチョメチョメが長年の謎ですが・・・
電飾取付けのためベニアごとくり抜かれております。(^_^;;

パチンコ大賞 役物⑦
この状態を「バクダン」というそうです。

続いてゲージ解説です。

今回は、玉の勢い(緩急)といった視点で、主に解説します。
正村ゲージの基本に玉の緩急があります。
落下する玉に対し、釘(風車・役物・入賞口他)は障害物となり、勢いを殺します。

釘が多いと玉のスピード感がなくなり、その代わり滞留個数が増えます。
逆に釘が少ないと玉のスピード感が増す代わりに滞留個数が減ります。

バラ釘ばかりで玉の落下が遅いと、玉の動きがベタベタしたものとなり
おもしろくありません。
しかし、釘が少なくアッという間にアウト穴(入賞口)に吸い込まれ、
盤面上に踊る玉が少ないのも視覚上おもしろくありません。

釘は、落下が速いとより玉を跳ね上げます。
盤面には、玉の勢いをつける箇所と玉の勢いを殺す場所が必要となるのです。

つまり、適度に釘が打たれ、玉の躍動感があり、盤面上で平均的に滞留している
玉の個数の多いゲージが良いゲージと言えます。
こうしてゲージ上で玉の緩急をつけるのです。

歴史的には、バラ釘メインの戦前のゲージから、釘を抜いてスピード感のある
ものにしたのが正村ゲージ。ここに正村ゲージの優れた点があります。

パチンコ大賞ゲージ構成
それでは、「パチンコ大賞13」においてはどうでしょうか?   ↑ゲージ構成図
赤丸〇で示した部分が「玉の勢いを殺す箇所
緑丸〇で示した部分が「玉の勢いをつける箇所」となります。
青の矢印→は、「勢いのあるおおまかな玉の動き」となります。
※丸〇と矢印→は、左右対称で見て下さい。m(_ _)m

パチンコ大賞のゲージの特徴として、「勢いのつきやすいゲージ構成」が挙げられます。
比較的バラ釘の本数が少なく、かつ間隔も広い。
勢いのある玉の通り道となる箇所(緑丸〇部分)が多い(広い)ことにお気づきでしょうか?

パチンコ大賞を打たれた方なら経験があると思われますが、せっかく羽根に拾われた玉が
勢いよく左から右に抜けていった事があると思います。
これは、第一には羽根の形状がありますが、こうした玉の勢いにも原因があるのです。

また、寄りの悪さを感じるのも、第一には、羽根上バラ釘の位置にありますが、
羽根の開閉に対して玉の勢い(落下の速さ)があるのも原因です。
これが例えば、「ビッグシューター」のような谷釘風車上一本釘があったり、
羽根上バラ釘の間隔が狭いと、羽根の拾球率にも変化を与えるものとなります。

パチンコ大賞 役物③

羽根横下4本釘
ところで、盤面上部の山釘谷釘を除いた部分で、玉の勢いを殺す箇所があります。
ゲージ構成図の赤丸〇で示した羽根横下の4本釘です。
この4本釘は、ゲージ配列の角度が寝ており、なおかつ上部に打たれた釘数が少ないため、
勢いのある玉が上或いは横に跳ね上がりやすい傾向があります。
玉の動きに変化を与えています。

※実際には、この4本釘の位置が羽根に対して低く、かつ跳ね上がった玉も羽根そのものに
開閉時あたってしまうため、羽根に拾われることはまれです。

この4本釘は、羽根付近へ玉を滞留させる役割があります。
「勢いのつきやすいゲージ構成」の欠点を補い、視覚的に羽根に玉が絡まる(触れそうな)
期待感の持たせるためのゲージ構成と言えます。
ここでのポイントは、あくまでも視覚上の期待感で、実際の入賞率とは別のものです。

正村ゲージにおいて、落としがハカマだったり、下部入賞口付近にバラ釘が多いのも、第一に
入賞そのものを促がす目的がありますが、玉の勢いを殺し、玉の動きを見やすくし、
視覚的に期待感(印象)を持たせる効果もあるのです。
その応用で、ハネモノにも羽根周りに玉を留める効果を認識する必要があります。

パチンコ大賞必勝ガイド平成2年8月①
突起がクセモノです「パチンコ必勝ガイド」平成2年8月号

落とし風車上横一本釘
上ゲージ構成図、右落とし上横〇で囲まれた一本釘ですが、この釘にはゲージ外側に
玉が流れるのを防ぐ役目と風車に玉を絡める役割があります。
ここがオール13の「パチンコ大賞13」は、一本釘ですが、出玉辛めのオール11に
おいては2本釘となっており、より上記の役割を強めております。

似たような関係は、以前紹介した「パールセブン2」が2本釘、「パールセブン」はナシ
というものがあります。
(※ただし、「パールセブン」は「パールセブン2」より風車の位置が外側にあり、
風車の位置においては、内側(ヘソ方向)に向かいやすい)

チューリップ
ハネモノ黎明期(ゼロタイガー等「特電機」と呼ばれた頃)における袖チューリップは、
まだ、普通機の延長上にありました。
かつては、肩や天穴と連動したり、外側に逃げた玉に対する役という位置づけで、少ない
特賞出玉に対する玉持ちや視覚効果という役割です。

しかし、貯留玉による安定したV継続率や特賞出玉の増加により、
年々徐々にチューリップの役割を落としていく傾向が現れてきました。
チューリップの開閉を減らしても、センター役物のおもしろさでカバーできる。
通常の玉持ちを減らし、その分特賞出玉を増やしメリハリをつける。

平成に入る頃には、チューリップのない機種も現れ、そうした機種には可動の飾り部品を付ける
ようになりました。
これは、チューリップという可動部をなくす違和感を少しでも和らげるためだと思われます。

パチンコ大賞は、チューリップは付いているものの極端に小さく、拾われにくくなっております。
また、入賞口の三角釘と左右の脇の釘との段差(上ゲージ構成図参照)があるため、
入賞そのものもしにくくなっております。

この翌年の新内規機登場により、多くの機種から袖チューリップが消滅しました。
もう袖チューリップは必要ないと判断されたためでしょう。

こうした事は、天穴の廃止、始動口賞球数の減少など、徐々に徐々に行われるものです。
いわば、チューリップ消滅への過渡期にある台とも言えます。

パチンコ大賞必勝ガイド平成2年5月①
山嵐釘五郎VS綾小路泥太郎 懐かしいです(^^ ) 「パチンコ必勝ガイド」平成2年5月号
カラーでイラスト入りの楽しい記事でしたね。実戦場所の神保町「ポニー」、懐かしいです。
後に久瀬役吉なる新キャラも登場します・・・(^^;;

パチンコ大賞 ダイヤル
赤や茶色の枠が多い当時、ピンクのポップな西陣の枠は目立ちました。
12345・・・とあるデザインも記憶に残っています。
ただ、だいぶピンクが変色してしまったような気が・・・(^^;;

昨今では、ハネモノ設置店もバラエティ導入で、しかも無制限営業。
無制限といっても、玉が無制限に出るわけではないので、自然、厳しめの営業に。
打ち止めのあった時代のほうが、玉が出ていた印象が。

思えば、当時は、同じ枠の台が並んでシマもスッキリしていましたね。

パチンコ大賞必勝ガイド平成2年7月①
パチンコのメロディー♪ 「パチンコ必勝ガイド」平成2年7月号

ホールの開店と言えば、「軍艦マーチ」ですが、最近はほとんど聞かれなくなりました。
「軍艦マーチ」が流れると、俄然ヤル気がでてきますが・・・
他店との差別化にぜひ流してほしいものです。♪

パチンコ大賞業界紙広告
おぉ~!なんと豪華なラインナップでしょう!() パチンコ大賞業界紙広告

オール11とオール13の違いは「何かが嬉しいオール13」(^_^ )
何かとは、なんでしょう!?「賞球?」 あたり前過ぎますね。意味深です。

まさに西陣ハネモノ黄金期パチンコが夢のような楽しさでした。

私にとっては、平成元年~2年頃が、パチンコのおもしろさのピークです。

今、本気で思っています。
あの頃のパチンコ店に行きたいと・・・

紅白幕連続
スポンサーサイト
18 : 00 : 00 | パチンコ | トラックバック(0) | コメント(8) | page top
<<城崎にて | ホーム | スーパービンゴ 平和 平成元年>>
コメント
--名機ですね♪--

この台は面白かったですね。13と11を持っているのですが、貯留解除のタイミングが違ったりゲージ構成がちょっと違ったりいて・・・単なる賞球違いでないところになかなか味があります。

本文中にある通り、5個貯留が安定して継続しますね。

5個貯留の場合は

 ● ●
● ● ●

  V

となるので、下段真ん中の玉が踊ることなくVに向かうことが多かったです。止め打ちして6個目を入れないようにしていました。
by: nob * 2012/09/01 14:20 * URL [ 編集 ] | page top
--nobさま--

こんにちは。(^^)

この台は、名機ですね♪
13と11、両方お持ちですか。貯留解除のタイミングも違うんですね。
私の近所は、ほとんどオール13なので、知りませんでした!
「広告の何かが」というのもコレの事だったんですね。(^^)

5個貯留、図面付きでありがとうございます。
なんだか、ボウリングのスコアみたいですね。
確かに後ろの2個が前3個の真ん中を固定します。

よく打っていた台なので、思い入れも深いです。
by: アポロン * 2012/09/01 17:53 * URL [ 編集 ] | page top
--このまま復活すべし台--

どうもです(^^)

羽根物を語るに外せない一台ですね。盤面のデザインも然ることながら、ヤクモノのバランスや構成一つとっても完成度の高い羽根物です。

通常遊戯中はVが奥にあり、入るか入らないかの目視がし難くは有りますが、一度大当たりするとそれが手前に変わり、かつドル箱満載の銀球が一斉に押し寄せてVをこれでもかと溢れ撃つ。

その瞬間の快感は実機でしか味わえないと思います。

軍艦マーチ。昔は色々な台の一般的な効果音になってましたが、当時は当たり前すぎて「分かった分かった」的な感覚で聞き流してました。

まさかその数年後にパチンコから軍艦マーチが消え失せてしまうなんて、これっぽっちも思いもしなかったですから。

でも今回の冒頭のトキオデラックス。あれは革命児ですよ(^^;

パチンコ大賞に匹敵する位の面白さだと僕は思いますね。

よく「良い台は分かるけど、使いこなせる店が今は無いからね~」と皆は悲しみますが、いやいや!!当時も色々な名機を使いこなせてないホールは沢山有りましたよ。

特に今回のデラはクセと寝かせが重要です。釘の多少より寝かせがあればバチバチ出ます。面白い様に掛かりますからね。

スパンスパン旧トキオを潜る快感は結構良い物がありますよ(^^)ただ、それだけでは終わらない、その後に待つラウンド抽選の妙が素晴らしいですね。一台で二台分の面白さを詰め込んだデラックス。まさにその名に恥じない名機です。
by: u * 2012/09/09 10:14 * URL [ 編集 ] | page top
--単純明快な面白さ--

こんばんは、お邪魔させていただきました。

私からはもう、特に言うことはありません。
この単純な面白さが、なぜパチンコから消えうせてしまったのでしょう。
西陣の羽根モノは、相性は別として面白い機種が多かったと思います。
こういう面白さを失わせてしまった原因は、一体何なのでしょう。
恐らく、警察からの圧力と過剰介入だと思われます。
許認可制度の裏側には、裏金や天下りなど過度な要求があるのでしょう。
その影響により、パチンコ文化が失われてしまったのは、本当に残念です。
by: マグナム南斗 * 2012/09/09 21:09 * URL [ 編集 ] | page top
--u-canさま--

こんばんは。(^^)

懐かしい・おもしろかった羽根モノの代表格の機種ですね。
>ヤクモノのバランスや構成一つとっても完成度の高い羽根物です。
そうですね。当時は、羽根物の種類が多かったので、中にはやっつけや「え~こんなんでいいの?」という機種もありましたね。(^^;;

>通常遊戯中はVが奥にあり~
貯留解除時は、Vゾーンが手前に移動するのも画期的でしたね。
奥だとどうしても見えづらいですよね。スタジアムをマッハシュートで改善したといったところでしょうか。
Vゾーンが奥のタイプは、中には、電飾の球切れとヤニなどの汚れで入賞が見えず、「機械を信じるしかない」という機種もありましたね・・・(^_^;;;

パチンコ店といえば、「軍艦マーチ」でしたが、いつの頃からか聞かれなくなりましたね。
音楽なので、流行廃りはありますが、一時期F-1のテーマ曲が流行っていたのは、なんだったのでしょう。♪
今は、機械の音が常に大きく鳴るので、お店のBGMも意識しなくなりましたね。

u-canさんは、「トキオデラックス」推しなんですね。(^^ )ポイントは寝かせですか!

確かに昔も名機を全ての店が使いこなしていたわけではないですよね。
逆に今、導入する店はヤル気がある証拠かも!(客寄せパンダ導入に注意が必要ですが)

ガチでラウンド振り分け1/3とのことですが、玉が上昇する時、一旦停止がなんとも怪しく感じます。(^^;
旧トキオの大当り楽曲、テンポがよくて好きでした。
by: アポロン * 2012/09/10 01:04 * URL [ 編集 ] | page top
--マグナム南斗さま--

こんばんは。(^^)

確かに「単純明快なおもしろさ」って、少なくなりましたね。
ホールに行けば、遊技説明の小冊子が並び、タラとレバの連続で、知らないと楽しめない。
もちろん、そうした機械を楽しみにしている人が大勢いるので、そうした奥深いゲーム性もいいでしょう。
しかし、「単純明快なおもしろさ」を求めていた人はどうしたのでしょう?
パチンコ人口は、減っています。パチンコから離れた理由は様々でしょうが、「単純明快さがなくなった」のも理由の一つだと思います。

パチンコ大賞。当時は、役物辛いなってイメージがありますが、今はそれほど感じませんでした。

パチンコ文化。かつては俗悪の極みながら、機械の妙味や職人的な腕や技があったようですが、今では忘れさせられてしまいますよね・・・
最近、「全遊連(協)25年史」という本を読んでいますが、戦前のパチンコ史を含めた、当時の苦労や本音を読むと考えさせられます。
by: アポロン * 2012/09/10 01:38 * URL [ 編集 ] | page top
----

パチンコ大賞ですか。
私も持ってたりします^^

本当、あの頃のホールに帰りたいですねぇ。
打ち止めの達成感を味わう為には、出たり入ったりを繰り返す必要があるんですよね。

まぁ今時の連荘がジャスティスな機械では、絶対に味わえない達成感ですよね。

あんなに沢山連荘する機械が許されて、羽根物が許されないなんて、嫌な世の中ですね(´・ω・`)
by: 柏葉三雄の友人 * 2012/09/13 11:53 * URL [ 編集 ] | page top
--柏葉三雄の友人さま--

こんばんは。(^^)

おぉ~!やはりお持ちですか!(>o<)
たまにムラムラと打ちたくなる台ですよね。

ホント、あの頃のホールに帰りたいです。
当時の機械を打てるホールが皆無というのも、絶望感に打ちひしがれます。(_ _)

打ち止めのない営業方法って、出る要素は運でけですよね。出たり飲まれたり、ジワジワ打ち止めを目指すよさに打ち手も気付いてほしいものです。
定量案内の放送って、嬉しいですよね。
今のパチンコにも達成感がほしいです。

ただ、これだけ液晶技術・容量が上がると、今後、機械の差別化を図るのは、また以前のように役物やゲージ・玉の動きしかないと思います。
これ以上、劇的に液晶がキレイになることはないですからね。
CR浦島太郎並みの液晶は、もう出ないですしね。(今出たら、逆にインパクトありますが・・・)(^^;;

可動役物と言いつつ、なんの役もついていない演出物の競争はナシの方向で・・・
純粋な混じりっけのない羽根物。打ちたいです。
by: アポロン * 2012/09/14 22:39 * URL [ 編集 ] | page top
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://appolon.blog13.fc2.com/tb.php/82-499bec42
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。