スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top
スーパーロック 大一商会 昭和59年
2011 / 05 / 16 ( Mon )
紅白幕連続

先日、自転車がパンクしたので修理に出そうと思いました。(パチンコのパンクではありません)

ちょっとおしゃれな感じの自転車屋さん。
最近はやりのスポーツサイクルなんかを扱っているようです。
修理を頼もうとしたら、「ウチじゃぁ修理、やってないんですよ」
えぇ~!売りっぱなしですかぁ!

私はココで買ったわけじゃありませんが、こんな高い自転車売って修理できませんじゃ
お店のほうが困るんじゃないでしょうか?
仕方ないので、昔ながらの自転車屋さんで修理してもらいました。
まぁ、おしゃれなお店からしたら、おしゃれじゃない作業は、イヤなんでしょうが・・・

さて、今回は大一商会「スーパーロック」。
2つの段階を経て、センター役物開放です。

スーパーロック 大一 センター役物
センター役物が開放した状態。羽根が上がることで、入賞します。
大一お得意の盤面埋め込み式電飾も健在!
彫りこまれた役物のデザインもかなりのインパクト。

また、年代の割にはかなりの美品です。(^_^)
焼けや退色や傷が、ほとんどみられません!

スーパーロック 大一 本体通常
スーパーロック 本体写真 通常は、このように羽根が降りています。

        それでは、続きをどうぞ・・・

ミニ花輪連続
ミニ花輪連続

それでは機種紹介です。

スーパーロック 大一 盤面
スーパーロック 盤面写真 役物の羽根が上がった状態
ミニ風車がかわいらしいですね。

二段階入賞とはいえ、それほど複雑な遊技性ではありません。

スーパーロック 大一 電チュー開放
通常時は、このように電チューが開いております。
また、チューリップの先が丸まっており、横からの直接入賞はありません。

スーパーロック 大一 電チュー閉鎖
IDOLと書かれた天横から入賞すると、一定時間電チューが閉じます。
すると、センター役物上部へのコースが開通します。

うまくセンター役物上部に入賞すると、上記盤面写真のように羽根が上がり役物開放です。

だいたい0~3個、電チュー脇から役物へ玉が向かいますが、
この時の役物入賞率は、0個の空振りも含めて1/3から1/4程度。
思った以上に役物に入りました。(^^)v

電チュー閉鎖音は2種類。閉鎖ごとに交互に流れます。
それにしても大一の効果音。うら悲しい気持ちにさせてくれます・・・
「金襴緞子の帯締めながら~♪」という花嫁人形のバージョンもあるので、
それよりはマシですが・・・(^^;;;
選曲の経緯を知りたいです。

まずは、動画を観てもらえれば、全体が解りやすいと思います。それでは、動画をどうぞ



いかがでしたか?

開けチューリップと言うくらい、普通はチューリップの開放が目的です。
しかし、この機種は逆にチューリップが閉じるとチャンスという、逆転の発想です。

既にチューリップの発明からだいぶ経ち、数を増やすにも限界にきた昭和50年代。
回転チューリップやカイザーチューリップの登場もあり、チューリップの使用は
爛熟期に入っていたとも言えるでしょう。

スーパーロック 大一 入賞に期待
入れ入れと願う瞬間。電チューをくぐりぬけ、役物入賞というステップを考えると、
三段階入賞ともいえます。

動画にあった、さらに役物入賞時、「羽根に拾われたら当り」だったら・・・(^^;;;
気が遠くなりそうです。

それでも左右同時に拾ったら、役物入賞即パンク!
まずはそんなことありませんが、可能性としては全くの0ではありません。(^^;

スーパーロック 入賞経路図
天横への入賞経路図(動画より一部抜粋) 様々な入賞コースがあります。

0:39 ぶっこみを抜け、風車から跳ね返る王道コース
1:03 風車から下へ一回電チュー付近まで潜って、跳ね上がり入賞
1:31 山釘・天釘間を落ちた玉が風車右下釘に当りダイナミックに入賞
1:46 天穴を跳ねハズレた玉が入賞
2:12 山釘・天釘間からの代表的な入賞コース
2:41 自由奔放な動きをした後、右からの入賞
3:25 風車から横っ飛びで勢いよく入賞

極力正確にコースを記入しましたが、あまりにも小刻みな動きをするので、
なにがなんだかわかりませんね。(^^;;

動画では、ポンポン入っていますが、天横入賞はけっこうランダム。
20~30分入賞がないと思いきや、電チュー閉鎖時、無駄に連続入賞することも。
(※玉筋がいいためでしょうか。動画上も映っています)
全体的には①や④や⑤のパターンが多いようです。
また、④の天穴ハズレは、この手の天横や天下タイプでは、入賞率の高めな傾向があることが
今までの調べで判っています。
玉の回転や勢いのためでしょうが、物理的に解説できる方、ご教示お願いします。m(_ _)m

スーパーロック 大一 チューリップ
宇宙や未来都市をイメージした物でしょうか お気に入りのチューリップ。(^^)
なんだかチャージマン研チックなデザインですね。「ボルガ博士、お許し下さい!」

スーパーロック 大一 飾り部品①
IDOL DAIICHI おなじみ営業所網賞球ランプです。

スーパーロック 大一 飾り部品②
盤面飾りの色使いやデザインになんとも言えぬ美しさ。(^^)
なんとも大一チックですね。

大一 スーパーロック セル違い
「パチンコ台図鑑 ザ・パチンコ」リブロポート刊 スーパーロック
こちらは、セル柄違い よく見ると盤面飾りも異なります。
一部の県でしか、導入されていませんが、ロングセラーだったようですね。

大一 スーパーロック 基板
大一の難解な基板 普通は、コネクターの色やピン数で差し位置が判るようにするものですが・・・
特に考慮されていません。「自分で考えてね!」ということでしょうが・・・(^^;;;
同じような3ピンだらけ。苦労された方も多いのではないでしょうか。
なぜか予備の電源コネクターもありますが、ショートが怖いのでキャップをしました。

大一 スーパーロック 検査票
さすが「技術の大一」と言われるだけあります。(^^)
ハンドルの組み付けといった職人技は、ピカイチだったとか。

大一 スーパーロック役物通常
なにかの虫にまたがったスーパーロックマン。
虫の役物にも丸い穴が開けてあり、入賞した玉が見えるようになっています。

二段階モノは、あまり得意ではありませんが、なかなかおもしろいゲーム性となっております。
(メガトロンとか、当たる気しませんでした・・・)(^^;

開けと願うチューリップが閉じればチャンスという発想。
入賞すればほどほどの確率で当るといった設計。

今の機械にはない発想ですね。
機種の設計には、流行があるのは解りますが、同じような機械ばかり並べられても困るモノ。
その日の気分で、いろいろな台が楽しめるようになるといいですね。(^^)

紅白幕連続
スポンサーサイト
18 : 00 : 00 | パチンコ | トラックバック(0) | コメント(6) | page top
<<ルーピングスター 奥村遊機 平成元年 | ホーム | 魔界組 西陣 平成元年>>
コメント
--白が凄すぎ--

どうもです。

更新頻度が上がってきたみたいで何よりです(笑
今回も味のある台ですが、流石に打った事ありません。
しかし、凄く綺麗な台ですよね…白が特に。

プラパーツも叩かれた痕が全然無いですね。数十年経った後でもこの様な状態で残るのは奇跡ですね。色々な台を集めてるとたまにそんな台にも出会う時がありますが、その度に、一度も釣られる事無く育った野池の巨鯉みたく思えてきます。

セルが剥がれ、ヤクモノはボロボロ、釘は真っ黒。でもちゃんと羽根は開き大当たりを感知する。そんな時代を生きた台も素敵ですけどね(^^)

話は逸れましたが、二段階の抽選があるパチンコは基本的に好きです。
500分の1とかで確実に五箱出る台には興味がありませんが、10分の1でデジタルが当たり、回転体が5分の1、当たれば半箱、大当たり後の最初の回転で中央デジタルに奇数が出れば次回まで確変(笑

そんな台が打ちたいです(^^)
by: u-can * 2011/05/16 18:41 * URL [ 編集 ] | page top
--u-canさま--

こんばんは。(^^)

更新頻度向上は、連休のおかげです。(^^;

今回は、年代が古い割には焼けのないのがなによりです。白が映えてます。
プラスチックの焼けばかりは、修復が不可で、どうにもなりませんからね。

埋め込みの電飾や風車、盤面飾りにも大一カラーが出ており、また時代を象徴したデザインも味わいがあります。

台との出会い。
野池の巨鯉とは、なかなかいい表現ですね。
先日の「NEW トランプカード2」もなかなかの巨鯉でしたね。(^^)

個人的には、二段階モノは苦手ですが・・・
画一的な台を並べられるより、選択肢が増えていいと思います。

>10分の1でデジタルが~最初の回転で中央デジタルに奇数が出れば
ホー助くんとドリームZを足して2で割ったような台ですね。
確かにそんな台、打ちたいです。(^^)
by: アポロン * 2011/05/17 00:57 * URL [ 編集 ] | page top
--ご無沙汰です。--

こういうパチンコが主体なら、某都知事も「パチンコはけしからん」とは言わなかったかしら?
逢引する場所はなくなってしまいましたが、御用がありましたら、声を掛けて下さいね!
by: 柏葉三雄の友人 * 2011/05/18 10:53 * URL [ 編集 ] | page top
--柏葉三雄の友人さま--

こんばんは。(^^)

ご無沙汰しております。知らないうちに何か失礼をしたのではないかと心配しておりました・・・(^^;;
逢引の場は、大事でしたね。

某知事。手よりも先に口が出る方なのは存じておりましたが・・・。
立場ある方の発言の影響は大きいと思います。

こういうパチンコが皆無な現状は、さびしいですね。
今後とも、よろしくお願いします。m(_ _)m
by: アポロン * 2011/05/19 03:18 * URL [ 編集 ] | page top
--なるほど!--

こんばんは。
魔界組にコメントを入れようとしたら、新たな機種が……
一度打ったことがありますが、今まで名前が分からなかったのです。「スーパーロック」というのですか、なるほどです。
下部のスーパーロックマンは、奥村の「ガンダム」と同じヤクモノですね。
しかしこれだけ綺麗な台なら、すぐにでも営業できそうですよ。

しかし、この台は調整(開け閉め)が難しかったことでしょう。
ヤクモノがハネ上がった時にオルゴールを鳴るようにしなかったのは、さすが大一ですね。

>それにしても大一の効果音。うら悲しい気持ちにさせてくれます・・・

この部分は本当にセンスが無かったですね。
セルやチューリップなど細部のデザインは悪くないのに、オルゴールの選曲だけはちょっとね(笑)

某都知事には、この玉の動きの面白さは一生理解できないのでしょう。
(私はタバコがダメなので、特に昔のパチンコ屋ではかなり閉口しましたが)
それどころか、マジで東京湾に原発を作ってしまいそうなので、怖い人だと思います。

それでは、また。
by: マグナム南斗 * 2011/05/19 21:10 * URL [ 編集 ] | page top
--マグナム南斗さま--

こんばんは。(^^)

いいとこ月イチの更新が続いてたので、月ニの更新は、高頻度ですよね。(^^;;
今回は、台の整備に手間がかからなかったのも大きいです。
毎回、これだけの美品であれば、手間はかからないのですが・・・(^_^;

「スーパーロック」打ったことあるのはサスガですね。
台の名前に関しては、昭和50年代後半になればハッキリしてきますが、それ以前だと、正式名称不明も多いです。

先日の手打ちチューリップも銀座のオール15というだけで、名前はわかりません。
動画のタイトルを付ける時も、他のシリーズとの整合性を考えると迷ってしまいます。

こうした「スーパーロック」タイプは、「ガンダム」や「エンゼル」があるようですね。
「ガンダム」は、埼玉で特に人気だったとか。
「スーパーロック」も、今のように全ての都道府県で設置があったわけではないので、当時のホールの地方色が感じられます。
懐かしいという方もいれば、見たこともないという人もいるのでは。

大一の効果音。洗練されて、しっくりくる音だと、デキ過ぎで、逆につまらなく感じるかもしれませんね。
「ダサカッコイイ」「ブサカワイイ」という類でしょうか。(^^;;

>ヤクモノがハネ上がった時に~さすが大一ですね。
確かにそうですね。あの一瞬はむしろ
「黙ってていてくれ!」という瞬間ですよね。
今、登場したなら「通常時、お客がもたない」とかなんとか言って、
打ってる最中は、常にBGMが流れる台をこさえる可能性もありますね・・・(^^;;

世の中全体がそうですが、緩急つけるという意味を忘れてきていると思います。

某知事。まぁ、戦争になればまっ先になくなるものの一つなので、衣食住にからまない、娯楽の嗜好品では、立場は弱いですよね。
配慮や対応を考えないと、ますます後手後手になるような気がします。
by: アポロン * 2011/05/20 04:01 * URL [ 編集 ] | page top
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://appolon.blog13.fc2.com/tb.php/76-7dfa15d0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。