スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top
オール15 銀座 昭和48年
2011 / 04 / 18 ( Mon )
紅白幕連続

唐突ですが銀座です。

しかも、手打ちの普通機。
昭和45年のパチンコ総生産台数134万台の内、銀座は9500台。
シェアにすると0.7%。

こうして現在も残っているのが不思議な位。
極めてレアな台だと言えるでしょう。

銀座トレードマーク フイングオール15
おなじみ銀座のトレードマークのガンマン。つい近年まで使われていましたね。(^^)
「カウボーイブランド」と言うそうです。

銀座タワー 広告 昭和31年
銀座ガンマン。古くは、昭和30年代の資料にも写っております。写真左端。
昭和30年代前半は、銀座ブームだったそうです。

銀座 フイングオール15 ハンドル
見て下さい、このデザイン!彫りこまれ、塗り分けられた部品の数々!!
当時のパチンコ機は、工芸品ですね。 (^_^)
40年近くたった今でも色あせが感じられません!
上皿の青いプラスチック部も細かい文様が刷り込まれ丁寧です。

銀座 フイングオール15 本体
405×405のガラス枠内に収まる盤面。適度な大きさだと思います。

今の間延びした大きな盤面を考えると、どうせ端まで目が届かないわけですから、
私は小さめな盤面のほうがいいと思います。主観ですが、しっくりした感じ。
玉を打った時の印象が大きく違います。
皆さんは、いかがでしょうか? (^_^ )

     続きをどうぞ・・・

ミニ花輪連続
ミニ花輪連続

それでは、機種説明です。

銀座 フイングオール15 使用役物
盤面写真 昭和40年代らしい丸型の役物 チューリップは一つ (^_^)
セルの裏側にシミがあり、拭いても落ちないのが残念 (_ _)

銀座 フイング 役物正面
センター役物の奥は、賞球ケース。玉の払い出しの視覚効果を高めています。

銀座 フイングオール15 裏機構
裏機構になります。特別、美品ではありませんが・・・
部品の欠品と破損がないのはありがたいです。

銀座 フイングオール15 チューリップ
チューリップは、一つですが・・・賞球15個で、拾いは抜群。スグに閉じます。

パチンコ史上は・・・
後にチューリップの数と連動が増え、賞球も15→13→10といった機械が増えてきます。
また、開いたチューリップも閉じにくいゲージ構成が主流となります。

ホールの出玉率が増えるわけではないので、派手になる分どこか辛くなるのは
いた仕方ないことですが・・・
なにか今の大当り回数は増えたけど、出玉チョッピリの流れに似ているような。(^^;;

銀座 フイングオール15 使用役物
ベニア上部に記されています。
『フイング 8 タンプラン 下クラゲチュー○サイド○クラゲチャカー』(ママ)

フイングはスイング、タンプランとはタンブラー?
8は「8穴」の意?もしくは「S」「&」?
これは製造工程上、記されたものでしょうか?
複数の出所の銀座号が入手できれば考証できますが、1台だと推測の域を超えません。

どなたか、当時の銀座や役物について詳し方、ご教示いただければ幸いです。m(_ _)m

それでは動画をどうぞ



いかがでしたか?
この機種最大の魅力は、天釘からアウト穴真上のチューリップまで、釘や役物で適度に
勢いを留めながら、一気にストンと下に落ちる様だと思います。

銀座 フイング 役物連動縦
天穴に入賞した玉は、役物を回転させ、クラゲが揺れ、チューリップを開放させる。
人間の目は、横の動きよりも縦の動きのほうが追いやすい。
非常にそそる視覚効果の高い台と言えるのではないでしょうか?

銀座 フイング 役物閉口
赤い部分が上を向いている時は、役物内に入賞しませんが・・・

銀座 フイング 役物開口
青い部分が上を向くと入賞します。チューリップと同じ役割。
天穴に入ると再び回転して閉じてしまうので、下チューリップを閉じさせたあとは、
すばやく青い部分に拾わせるのがコツです。

趣味の世界9 パチンコ ③
「趣味の世界 9 パチンコ」日本放送出版協会 昭和51年3月
「スロー・ビデオを使って玉の動きを研究中」写真は大一商会のもの
私も動画編集をする時に同じことをしています。(*^_^*)

銀座 フイング 天釘
天穴は、天釘に対して右ズレ。
天釘配列は、均等配置ではなく、緑釘間が狭いのに対し、赤釘間は広めです。
このため、動画にもあるように緑釘間に落ちた玉は甘めの入賞率。
天釘緑釘間から一気に下チューリップまで落ちる様は壮観です。↓

機種特性を活かしたゲージ構成だと思います。

銀座 フイングオール15 クラゲチャッカー
お気に入りの「サイドクラゲチャッカー」(^_^)
クラゲ部分からは、それほど入賞しませんが、玉があたるたびに揺れます。
当時の銀座の盤面は、マイナスビス使用が標準だったようです。

趣味の世界9 パチンコ ①
「趣味の世界 9 パチンコ」日本放送出版協会 昭和51年3月
レジャー多様化の流れでしょうか。
当時、NHKでこうした本が出版されたことは興味深いです。

銀座 クラゲチュー
下クラゲチュー 上部からの玉の入賞を促がします。
横からは、見た目のクラゲが揺れるほど入賞はしませんが、
入賞の既視感を狙った飾り部品だと思います。

役物の使用

昭和41年に役物(変動セーフ穴)の使用が認められました。
昭和40年代は、様々な役物が登場します。

全遊連弘報 昭和41年3月15日号①
「全遊連弘報」 昭和41年3月15日号
変動セーフ穴(役物)と変形セーフ穴(単なる飾り穴と認められた物)に分けられています。
ちなみに「チユウリツプ」は変動セーフ穴で役物となります。
(※同一部品内にセーフ穴が2個あれば、セーフ穴が変動しなくても
「変動セーフ穴(役物)」となります)

ただし、この時は「役物の使用は2個まで・連動はなし」となっております。

全遊連弘報 昭和44年4月15日号
「全遊連弘報」 昭和44年4月15日号

その後、昭和44年3月31日付警察庁より
発射速度1分間100発以内
賞球は15個以内
という要件を満たせば、機械基準は原則自由という通達がなされました。
(※ただし、詳細については、各県の実情に沿ったものとすること)

ところで、どうしてこうした規制緩和は行われたのでしょうか?

これは、貸玉料金と射倖性に大いに関わりがあります。

貸玉料金は、昭和25年に1玉2円と定められ、以来20年以上にわたり
据え置かれておりました。
昭和25年においては、適度な射倖性とされたものが、諸物価の値上がり、給与の上昇等により
昭和40年代に入るとゲーム性の満たされないものとなっていきます。
また、諸経費の増大・人件費の高騰により、1玉2円では採算の合わないホールが増え、
ホール団体は貸玉料金の値上げを度々陳情してきました。

しかし、警察庁側は、貸玉料金の改訂という射倖性の根幹を変えることには慎重でした。
ただし、実情に合わなくなってきたことは認めざるを得ないため、時流に応えた
適切な行政措置として役物基準等緩和することで、合理的にこれに対処する方針としました。

これは、他の風俗営業に比べると、比較的健全で、一般大衆娯楽として浸透してきたという
経緯によるものです。

銀座 フイングオール15 上皿下皿
上皿・下皿は、アルミ製。破損しにくいのが、ありがたいです。

銀座 フイング 盤面 飾り
盤面飾り 40年近く前の豆電球も切れずに点灯しました。

銀座 フイング 電飾配線
8V供給で、賞球・補給ランプが点きます。

単に貸玉料金だけを見ると、昭和25年から2倍にしかなっていないパチンコは、
物価の優等生とも言えます。

それにしても、昨今は1円パチンコまでありますね。昭和23年頃には、貸玉料金2円が
主流だったそうです。戦後すぐの頃よりも安いなんて。
機械基準が全く異なるので、一概に比べられませんが・・・

風俗営業は、その時代の価値観や情勢により、姿を変えるものです。
貸玉料金と射倖性と機械基準。
戦後パチンコは、こうしてバランスをとってきたようです。

紅白幕連続
スポンサーサイト
18 : 00 : 00 | パチンコ | トラックバック(0) | コメント(6) | page top
<<魔界組 西陣 平成元年 | ホーム | フィーバーアバンテⅦ 三共 昭和63年>>
コメント
--どうもです。--

月一更新オメデトウ御座います(笑

楽しみにしてるので頑張って更新して下さいね(^^)

しかし、こうして手打ちを見てるとホント食指がそそられます。

親父に当時の台のことを聞くと普通機でも色々な変り種があったみたいですね。左右に三連チューがある台を良く打ってたそうです。カエルがモチーフだったそうで。知ってます??

僕がそそられるのは、力強い払い出しの音ですね。チーンジャラーン。では無くて、ヂーンガララーン。って。

一寸大げさでしたが、パチンコ大賞のリメイクにあったニセの払い出し音にはガックリしました(汗

そんなのに拘るよりゲーム性を忠実に再現しなさいと(笑
by: u-can * 2011/04/19 23:59 * URL [ 編集 ] | page top
--u-canさま--

こんばんは。(^^)

楽しみにしていただき、ありがとうございます。m(_ _)m

手打ちの中でも、こちらは特に秀逸なゲージだと思います。
入賞口にも切れ込みが入り、玉の入賞を視認しやすくなっております。

左右に三連チュー。具体的なイメージがわきませんが、確かに変り種ですね。(^^ )
大一の台でしょうか?

この台は、金属製の上皿なので、力強い払い出し音です。金属製の上皿の時代は、わずか数年程度になります。

パチンコ大賞のリメイクにあったニセの払い出し音。アレって、払い出しとタイミングがズレてましたね。
試みの意気込みは買いたいので、ないよりは、マシかなと。

頑なまでに意味不なスペックを出してきますよね。
羽根モノやりたい人は打たないし、なんたらモードに入らないと玉出ないし・・・
役物100発外した時は、しびれました。当たる気がしません。(^^;;
by: アポロン * 2011/04/21 02:04 * URL [ 編集 ] | page top
--これぞ原点!--

こんばんは、今回も訪問させていただきました。

綺麗な台ですね。保存状態もさることながら丁寧にメンテナンスがなされていると思います。
私がパチンコを始めたのは役モノ全盛時代ですが、それに繋がる連動をしているように感じました。
例えば回転役モノなんて、一発台のミュージックのシャッタ役モノーを連想しました。

地震・津波・原発事故と暗いニュースが続きますが、不謹慎かもしれませんがこんな手打ちのパチンコ機が避難所に数台あれば被災者の心も少しは和らぐのではと思います。

原発事故の収束と、地震・津波で被災された方々の無事と復旧を祈りたいと思います。
by: マグナム南斗 * 2011/04/25 22:23 * URL [ 編集 ] | page top
--お疲れさまです--

今回も力作ですね^^
手打ちが欲しくなりました(笑

アポロンさんの手打ちテク、ナカナカのものだと思います。 コントロール バッチシです。

練習しました?

全遊連弘法 写真や広告が少ないので、スルーしがちですが、貴重な資料ですね。

ヤバイ、手打ち台が欲しくなってきました。

by: 古台くん * 2011/04/26 18:32 * URL [ 編集 ] | page top
--マグナム南斗さま--

こんばんは。(^_^)

40年近く前の台なので、なかなか極美品というわけにはいきませんが、極力きれいに見えるようにしました。

ただ、ホコリを拭う程度ならいいですが、強力な洗剤とかは、劣化しつつあるプラスチックには使えないので、手をつけない判断も必要になるのが悩みどころです。(_ _;

今回の台は、天から下に落ちる様が最大の見所です。
袖以外は、全て表連動なので、次々と役物を開放させる玉の動きが見られます。
そうですね。回転役物は、ミュージックの元祖になりますね。(^^)

暗いニュースばかり続く昨今ですね。
平和で落ち着いた暮らしに戻れることを切に願います。
地震が原因で、ここまで大きな影響を与える災害になるとは思いませんでした。

避難所の方々も、様々なストレスを抱えていると思います。
衣食住もままならない生活を思うと、胸が痛みます。
by: アポロン * 2011/04/26 22:37 * URL [ 編集 ] | page top
--古台くんさま--

こんばんは。(^_^)

一つの記事を書いていると、あれもこれも書きたくなってしまいます。(^^;
気持ちを抑えて、テーマをしぼるのに一苦労です・・・

動画での手打ちの件ですが・・・
実は、傍から見ると、けっこう恥ずかしい格好で打っています。
金枠やガラスに映りこんでしまうので、カニのような姿で打っています・・・(^^;;

全遊連弘報。確かに機械の写真や広告は少ないですね・・・
でも、パチンコの歴史を追っていく上で、貴重な資料です。
なぜ、そうした施策がとられたのか?
特に当時の時代背景や今とは違った事情を知ることができるので、勉強になります。

身近な手打ちコレクターが増えるのは嬉しいかぎりです。(^_^)
また、機会を見つけて、紹介していきたいと思います。
by: アポロン * 2011/04/26 23:09 * URL [ 編集 ] | page top
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://appolon.blog13.fc2.com/tb.php/74-9a563f80
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。