スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top
ダブルアタッカー ニューギン
2011 / 02 / 14 ( Mon )
紅白幕連続

初詣に行きました。
川崎大師は、正月2日目にもかかわらず、エライ人出。
参拝を済ませ、屋台をのぞいてみると・・・

川崎大師 射的
こうした射的(10軒以上ありました)の他にも、

川崎大師 スマートボール
スマートボールが出店しておりました。
ゲーム性は、縦横斜めに揃えば、次ゲームができるというものです。
雰囲気は、台湾の屋台と似ております。
射的ののれんの多くには、遊技場と記されておりました。

さて、今回の機種紹介は、u-canさんお待ちかね「ニューギン ダブルアタッカー」です。
当ブログ初ニューギン。

ダブルアタッカー 本体
ダブルアタッカー 本体 怪しげなオーラを放っております。(^^;;

     それでは、続きをどうぞ

ミニ花輪連続
ミニ花輪連続

それでは、機種紹介です。(^^)

ダブルアタッカー 盤面開放
ダブルアタッカー(ニューダブルチャンス) 盤面写真 
上下二段のアタッカー開放により、一粒で2度おいしい仕様となっております。

天下入賞で、上下二段のアタッカー開放。
下部中央入賞で、下段アタッカー開放。
それぞれ、アタッカー中央部入賞まで開放し続けます。

ダブルアタッカー 上部アタッカ-
ゲージ構成上、上段アタッカーは、横からの入賞はほぼありませんが

ダブルアタッカー 下部アタッカー
下段アタッカーは、ハカマからそれた玉の入賞ににより、閉じやすくなっております。

上段開放が大当り(ビッグボーナス)・下段開放が小当り(レギュラーボーナス)
といったところでしょうか。
同じ部品を用いたものですが、上段と下段、このような特徴をもっております。

それでは、動画をご覧下さい。



いかがでしたか?

上段アタッカーの開放でも安心できないのが、この機種の特徴。
上段があっさり閉じる時もあれば、下段でけっこう出玉を稼げる時もある。
パンクにハラハラしながらも、未知数の出玉に期待できる。
こうしたところが、この機種の魅力であると思います。

おなじみですが、天下入賞コースの解説になります。
(数字横の0:00は、動画上の入賞タイム)

ダブルアタッカー 入賞コース①

①0:22 ぶっこみを抜けた玉が、天穴左釘に当たり、天釘下に跳ね返りカゴ釘右上部から
跳ね上がっての天下入賞。

②0:26 ぶっこみを抜けた玉が、天穴左横釘に何度も当たり、上部からの天下入賞。

③2:14 謎の飛来物。(^^;; 横一文字に一気に突き抜ける。マグナム・ミュージックに比べると
天下左右の入賞口の間隔が開いているため、なかなか見られない。

④2:33 天釘谷釘間を何度も玉が遊び、カゴ釘右上部から潜り込むように天下入賞。

⑤2:53 ぶっこみを抜けた玉が、天穴左釘に当たり、一気に風車まで横っ飛び、
風車から絶妙に跳ね返った玉が横から一旦入賞口に留まっての天下入賞。

ダブルアタッカー 入賞コース②

⑥2:58 谷釘へ跳ね返った玉が、天釘谷釘間を玉が遊び、カゴ釘左上部から跳ね上がっての
天下入賞。

⑦3:03 ぶっこみを抜けた玉が、天穴左釘に当たり、勢いよくカゴ釘左上部から
跳ね上がっての天下入賞。

⑧3:08 谷釘へ跳ね返った玉が、勢いよく風車にからみ、カゴ釘右上部に当たり、
跳ね上がっての天下入賞。

⑨3:13 ぶっこみを抜けた玉が、天穴左横釘に何度も当たり、天下周囲で何度も暴れ
上部からの天下入賞。

⑩3:33 谷釘へ跳ね返った玉が、再び天釘まで跳ね返り、天釘谷釘間を玉が遊び、
カゴ釘右上部から潜り込むように天下入賞。

ダブルアッカー 玉の流れ
動画の編集時にスロー再生すると、カゴ釘上部3本釘の重要性を認識します。
このカゴ釘上部3本釘を跳ねた玉の天下入賞が非常に多くなっております。

赤釘間をもう一つの命釘とした場合・・・
上から直接の二つのルート(ぶっこみ抜けコース谷釘天釘間コース)もありますが、
角度が急で、入賞コースも限られたものとなっております。
また、玉の半径もあるため、玉の回転や落下カーブが寄りを補うこともありますが、
反射面となる釘の並びは、実際にはもっと狭いものとなります。

動画にはありませんが、マグナム・ミュージック同様、天穴外れの玉の入賞率は高め
となっております。玉の回転等が影響しているのでしょうか?

基本的には、外に散るゲージ構成なのも大まかな玉の流れを示す矢印をご覧いただければ
解ると思います。
ただし、このゲージ構成は、デメリットではなく、通常時チューリップの閉鎖を促がす
ことと、アタッカー寄り過ぎによる玉の同士の干渉(パンクを誘因する)の減少につながって
おります。
また、このゲージ構成により、カゴ釘上部からの跳ね上がりがより活かされております。

ダブルアタッカー 盤面飾り
ニューギンらしい硬いイメージが魅力の盤面飾り。

ダブルアタッカー 証紙
今も変らぬニューギンマーク。
よく見ると、盤面サイド飾りにも「NEWGIN」と。

ダブルアタッカー 裏面
基板は、メロディ回路です。もちろん無くても動きます。

必勝パチンコ打法 ニューダブルチャンス
「人気機種別 必勝パチンコ打法」 ニューダブルチャンス
都道府県によるちがいでしょうか?ほんの若干ですが、ゲージが異なります。
ゲーム性は、全く一緒です。

ニューギンからは、同時期「キングスリー」(同アタッカー3つタイプ)など、
アタッカータイプが充実しておりました。

未知数の出玉。
現在では、これにかぶる機械はありませんが、パンクにハラハラしつつ予想外の
出玉を期待できるジャンルがあってもいいと思います。

実際は、入賞とパンクの繰り返しですが、玉の動きに一喜一憂する。
こうした機械の登場を願ってやみません。

     追記  ダブルアタッカーとニューダブルチャンスの違い???

        ダブルアタッカーとニューダブルチャンス
        下段アタッカー中央パンク穴に上からも入賞します。

        パチンコ必勝大作戦 ニューダブルチャンス
        こちらも上写真と同じく、中央パンク穴に上からも入賞します。
        「パチンコ必勝大作戦」 ニューダブルチャンス記事 

        都道府県の実情に合わせた違いなのか、完全な別機種としてなのか?
        或いは、ホールでの通称としてなのか?
        「ダブルアタッカー こと ニューダブルチャンス、ラッキースタート!」
        ニューダブルチャンスとは、少しマイクでは言いにくいですよね。
        あと響きも。正確なところは不明で、真相は、謎です。(^_^;;

紅白幕連続
スポンサーサイト
18 : 00 : 00 | パチンコ | トラックバック(0) | コメント(12) | page top
<<フィーバーアバンテⅦ 三共 昭和63年 | ホーム | 謹賀新年 平成23年 元旦>>
コメント
--怪しさ満点(笑)--

今回も貴重かつマニアックな機種を取り上げていただき、本当に嬉しく思います。

とにかく鎧のような天下入賞口が大当たりという構造からしてして怪しさ満点、ですよね。
入賞が極めて難しい天下入賞口に飛び込む瞬間というのは、麻薬中毒患者になっちゃうような何かがあると思います。
各社、似たような機種を出していたと思いますが、ニューギンは軍艦マーチをアレンジしたややチープな電子オルゴール音が特徴でしょうか。
(当時のニューギンは、この電子オルゴールを羽モノ以外の殆どの機種に使用していましたよね)
機種名は特になく、どのメーカーも「ダブルアタッカー」と呼んでいたのでしょうか? 
各社微妙に下部のアタッカーを別の役物を換え新たな機種名を付け、少しばかりのオリジナリティを出したりもしていたように思います。
本来は遊べて時には大量出玉も期待できる調整だったと思いますが、末期には全てが一発台調整となったのは寂しい思いがします。
問題なのは、動画にもありましたが天下入賞口はタマに入賞せず、そのままスルーしちゃうんですよね。
一発台調整でコレを二度ほど経験し、泣かされた思い出があります。

ところで川崎大師のテキヤさんの屋台のスマートボールは、景品付きですよね?
私は幼い頃のゲームセンター以外はスマートボール未経験なので、一度挑戦したいものです。

それでは失礼します。
by: マグナム南斗 * 2011/02/15 10:36 * URL [ 編集 ] | page top
--お疲れさまです--

今回の動画も良かったです。^^

プロ並みです。(汗

前から疑問だったのが、ダブルアタッカーとニューダブルチャンスの違いです。

自分の持ってるのが、多分(笑)ニューダブルチャンスだったと思うので、今度、倉庫に行って写真を撮ってきて見比べます。

ゲージが違うとのことですね・・・(汗、汗

それにしても、一発台の動画は、良いですね

自分もチャレンジしたくなります(しないけど)
by: 古台くん * 2011/02/15 14:04 * URL [ 編集 ] | page top
--マグナム南斗さま--

こんばんは。(^^)

私は当時のホールの様子を知らないので、その頃の思い出やエピソードをまじえてコメントいただき、嬉しく思います。(^_^)

鎧のような天下入賞口。実感の出る例えですね。
天下タイプもこれで3機種目ですが、それぞれにゲージ特徴があります。
普段地味で、なかなか入らない分、飛び込み入賞した時の快感は大きいですよね。

ニューギン電子オルゴール軍艦マーチ。音階がズレてます・・・(^^;;

当時の型式名一覧を見ると、三洋からも「ダブルアタッカー」(昭和58年)が出ています。
こんな怪しさ満点の台は、現在では皆無ですよね。

謎の飛来物。天下スルーの動画ですが・・・
実際は、天下入賞よりも格段に難しいので、ホールで経験できたのは貴重だと思います。
ミュージックのように天下左右が近くないので、中で暴れて飛び出すことは、まずありません。
天下に40個以上入賞、20時間以上
撮影して1回だけです。
よそ見してたら、気付きません。(^^;;

川崎大師のスマートボール。1ゲームしかやっていないので、詳細は不明です。
確か点数制だったと思います。
お店でなら、新世界や週末の浅草で、今でも楽しめると思います。

こうした機械の復活に期待したいですね。
by: アポロン * 2011/02/17 04:52 * URL [ 編集 ] | page top
--古台くんさま--

こんばんは。(^^)

動画をご堪能いただき、嬉しく思います。

ダブルアタッカーとニューダブルチャンスの違い。
そのあたりの正確な違いは不明です。
ただ、手持ちの本とは若干ゲージがことなります。
追記事項に画像UPを載せておきます。

自分もチャレンジしたくなります(しないけど)

ぜひチャレンジして下さい。ぜひ見たいです。i-237
DVDに編集したら後世に残す貴重な資料になると思います。
タイムカプセルに埋めてほしいです。
by: アポロン * 2011/02/17 05:20 * URL [ 編集 ] | page top
----

出店でスマートボールが置いてあれば必ず横目で盤面チェックしてしまいます(笑)

ダブルアタッカーは打ったこと無いのですが、せっかく上アタッカーが開いても稀に中央入賞してしまうところ・・・作りの甘さなんでしょうけど、それがまた良い味を出していると思います。
by: nob * 2011/02/17 09:12 * URL [ 編集 ] | page top
--良い物を…--

見せて頂きました。

ご無沙汰してます。

このセルは初めて見ました。渋いですね。カッコイイです。

このサウンド。鳴り始めの軽い流れから少しして、地面からコブシが盛り上がる感覚を覚えます(笑

しかしこの辺りの基板、壊れても他ので使い回しが出来そうですよね。

釘調整次第で遊べる台にも一発台にもなる。とても店に優しい台ではと思うのですが。

兎にも角にも、この辺りの台が再認可されるような柔軟な時代が、一刻も早く来ることを願うばかりです。

最近は仕事にプライベートに疲れ果ててたので少し癒されました。ご苦労様でした(^^)
by: u-can * 2011/02/17 18:56 * URL [ 編集 ] | page top
--nobさま--

こんばんは。(^^)

こちらは、スマートボールやパチンコの出店は、多くありません。
ちなみに実機は、YM製の年代物です。
あちこちの境内で、数々の春を迎えてきたことでしょう。(^_^)
(なんだか寅さんの映画のラストシーンを思い出します)

せっかく上アタッカーが開いても稀に。
稀になんてもんでは・・・!(^_^;;;
そのまま打ち止めまで行くほうが少ない位です。
玉同士が干渉すると危険信号!
アタッカー上の遊び(幅)が大きいので、玉が横に走りやすいです。

ホールでならホントドキドキしますよ。よそ見なんてしてられません。(^^;;;;;
by: アポロン * 2011/02/18 04:11 * URL [ 編集 ] | page top
--u-canさま--

こんばんは。(^^)

ニューギンマニアu-canさま、お待ち申しておりました。m(_ _)m

追記のセル柄と比べると、基調は一緒ですが、大きな錨がワンポイント。
宇宙船をイメージしたものでしょうか。

~鳴り始めの軽い流れから少しして、地面からコブシが盛り上がる~
動画では、末尾の一回しかフルで流れませんが、なんでしたらフルバージョンエンドレスタイプを作りましょうか。(^_^;

確かに大一あたりと差込みのコネクターを変えても使えそうですね。
なんてったって、ただのメロディ回路ですから。
天下入賞アタッカーオープンで
「♪金襴緞子の帯締めながら~花嫁御寮はなぜ泣くのだろ~♪」
もの悲しくなりますね。(^^;;;

柔軟な時代がきても、それを作ってくれるかも問題ですよね。(_ _)

いろいろと大変なようですが、心休まる記事を提供できてよかったです。
応援します! (^_^)/
by: アポロン * 2011/02/18 04:48 * URL [ 編集 ] | page top
--こんばんは☆--

お久し振りです!!

ニューギンの軍艦マーチ懐かしいです!!
当時小学生だった私が親に連れられて打ったタイタンやフラワーを思い出しましたよ。

縦型ゲージの貫通はミュージックやファミリー等釘と釘との間隔が狭い台では滅多にありませんがダブルアタッカーやマグナムの様な広い台ではよく起こるみたいですよ(汗)

アタッカーの形状はセンターアクロバットと同じモノですよね?
by: Ritsuka改め猫の錬金術師 * 2011/03/07 00:15 * URL [ 編集 ] | page top
--Ritsuka改め猫の錬金術師 さま--

こんばんは。(^^)

ニューギン軍艦マーチ。♪懐かしんでいただき、撮影したかいがあります。
もう30年近くも前の機械なんですね。

縦ゲージの貫通は、普通の入賞よりも、かなり難易度が高く、撮影に苦労しました。
よそ見ができないので・・・ (^^;;
フワッと横一文字に玉が走るのが見えましたが、コマ送りにすると、実際はワンクッションあっての貫通でした。
その辺がパチンコの奥深い所ですね。

アタッカーの形状は、デザインこそ違うもののアクロバット等と同じです。
アタッカー部品の裏側を見てみましたが、部品メーカーは不明でした。
スイッチがメロディ回路につながっています。

この当時の事は、私には不明な事が多く、いろいろご教示いただければ、ありがたいです。m(_ _)m
by: アポロン * 2011/03/07 21:10 * URL [ 編集 ] | page top
--薄れゆく記憶--

若いころ、必死になんとかして、ストロークでアタッカーの中央に 入らないように 打ってた記憶が蘇りました。あと、上段すり抜け。何度か、経験あります。あれ、やっちゃうと悲しくなります。この台を、最後に打ったのは、忘れもしない23年前、熊本県に遊びに行ったときに、トイレに寄ったときに、発見!!  なつかしくて、ついつい、打っちゃいました。
うすれゆく記憶。古きよき、昭和の時代。
今の若い人たちには、こうゆう、味のある台の良さを味わえないのは、かわいそうです。
ありがとうございました。
by: のぶ * 2011/07/07 07:23 * URL [ 編集 ] | page top
--のぶさま--

いらっしゃいませ!(^^)
当ブログにお立ち寄り下さいまして、ありがとうございます。

~薄れゆく記憶~
こうして、何かの縁ですが、当時の記憶がよみがえるきっかけになり嬉しく思います。(^_^)

>若いころ、必死になんとかして~
このアタッカー中央入賞のランダムさ。開いた瞬間に閉じたり、そのまま打ち止めまで行ったり・・・
いざ入る時は、一瞬でどうにもならないもどかしさ。
それと、アタッカー開放中の天下入賞もなにか損をした気分になりますね。(^^;

当時を知る人のコメントは、貴重でありがたいです。

上段すり抜け。真一文字にフワッと素通りするのは、
「アレ?今のは・・・!?」って気分ですね。
左右の入賞口が重なり合う偶然。と書けば神秘的ですが、ホールでは大損ですね。(^^;;
通常入賞より、はるかに高い難易度。なにか特別賞を欲しいくらいです。

熊本では、昭和から平成に移る頃まで、残っていたのですね。
古きよき昭和のホールの雰囲気も好きでした。

今の若い人たち。味のある台のよさ。
今は、初心者入門機といえる台もないので、きっかけがあってもホールに残らないような気がします。
そういえば、パチンコを始めた頃って、ホールの雰囲気が好きで打っていた部分もありました。

よろしくお願いします。(^_^)
by: アポロン * 2011/07/08 03:20 * URL [ 編集 ] | page top
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://appolon.blog13.fc2.com/tb.php/71-a10f05b0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。