謹賀新年 平成23年 元旦
2011 / 01 / 01 ( Sat )
紅白幕連続

新しい年が明けました。
どうぞ本年もよろしくお願いいたします。m(_ _)m

さて、当ホールは、左記のとおりの営業内容ですが、ご挨拶は元旦早々の営業開始です。

全遊協 年始ポスター S52
全遊協年始ポスター 昭和52年 モデルは美人さんです (^_^ )

それでは、毎年恒例の正月向け機種特集。
あれ!? 昨年は各メーカーの年始広告特集だったような気が。

そういえば、いつの間にか1年以上続いちゃいました・・・(^^;
「一周年記念特集」とか忘れてました。
あんまり「二周年記念」ってやらないから、次は「三周年」「五周年」…。
それまで、続くでしょうか?(^_^; ?

獅子舞 三共 役物①
お正月気分あふれる役物ですねぇ。

昨年末の雀球ネタは、私としては大ネタだったので、今回は少々軽い感じの物を。
お屠蘇気分で、ご覧になっていただければと思います。

獅子舞 三共 盤面
三共 普通機 『獅子舞い』 盤面写真

今回、ご紹介するのは、三共製手打ち普通機『獅子舞い』。
正式名称(型式名)不明です。
役物に『獅子舞い』と書いてあるから、たぶん『獅子舞い』でしょう。(^^;

おそらくは、昭和50年代前半の物と思われます。

それでは、続きをどうぞ・・・

お待たせいたしました。
遅れておりました動画編集が終わり、アップしました。(^^;


ミニ花輪連続
ミニ花輪連続

それでは、機種紹介です。

獅子舞 本体開放
三共 普通機 『獅子舞い』 本体写真

まずは、動画をどうぞ。



いかがでしたか?

今回の動画は、役物振り分けの奥深さ・多様なチューリップ連動・多用されるようになった
プラスチック部品という、昭和50年代前半の遊技機の特徴を表していると思います。

獅子舞 三共 ハンドル
この位古いと、電子機器のないほうが安心です。(^_^)
およそ30年ほど前の機械。
なにかあっても、人智をもってすれば、なんとかなりそうな気がします。
プラスチックの耐用年数って、どの位でしょうか?

百発皿循環機 獅子舞
百発皿循環機 
オモリ(○部分)の上下動により、一分間に百発以上打てないようになっています。

獅子舞 三共 オール13
払出しは、オール13になります。

チューリップ連動の多さ、ゲージ仕様により、わりとスランプはキツメです。
出も早いが入りも早いという波荒な仕様となっています。
「ねばりと頑張り、頑張りとねばり」が大事です。

獅子舞 説明用
天釘・ハカマズレは勿論ですが・・・ 微妙に左右対称ではなく、芸が細かいです

まず、左右のハカマ(落とし)上風車の高さ(位置)が異なります。
左風車のほうが右風車より低い位置に。これは、落としがチューリップのため、
ここが甘いと出玉が止まらなくなり、他の入賞口に入賞させられなくなるためと思われます。
このためハカマに対し入賞口も思いっきり内ズレです。
また、ハカマ横内側縦3本釘の位置がかなり低いことにもご注目下さい。

左谷釘下風車の中心軸も内ズレ(右ズレ)となっております。
また、谷釘そのものの幅も左谷釘右谷釘では異なります。
全体的に左側は散りやすいゲージ仕様ですね。
これは、連動の多いオール13タイプのため、ゲージスランプを強くした
(吸い込みを強くした)設計だと思われます。

丸印釘の存在により、サイドへの直接入賞の可能性を高めております。
また、開放したチューリップへの入賞も促がされる仕様です。
サイドは、直接入賞を狙えませんが、連動も伴い役が大きく、チューリップへの
ダブル(複数)入賞の可能性を含んだ地味ながら大事な入賞口と言えます。
このため、出玉のスピード感が高まるようになっております。

一見、左右対称に見えますが、ゲージを引いた設計者の意図を読み取るのも
おもしろいですね。(^_^ ) !

獅子舞 三共 本体裏側
本体裏側 スケルトン仕様です。9V乾電池で、賞球ランプと終了ランプが点灯します。
外枠の下の一部が破損。アングルで補強してあり、自立はできますが・・・

動画にもありますが、チューリップの連動の仕組みをご説明します。

天穴・天横・センター役物両サイドから入賞した玉は、役物内3箇所に振り分けられます。
役物内裏側2箇所と役物下「ひまわり」タイプ風車部へ。

ひまわりタイプ 風車 獅子舞
「ひまわりタイプ役物風車」 ひまわりの横に切れ込みがあるため、横からも入賞します。

役物下「ひまわり」タイプ風車部にも振り分けがあり、「ひまわり」にからまず奥へと
「ひまわり」を回転させ中央下部チューリップ入賞。
「ひまわり」部分から奥へ入賞した玉は、左サイドチューリップ他を開放させます。

それと・・・
「ひまわり」は横からも直接入賞します。
ということは、「ひまわり」から外へ出る可能性も0では・・・(^^;;

獅子舞 三共 盤面 裏連動①
獅子舞 盤面裏連動装置① チューリップ閉鎖時

役物裏オレンジ部により、左右両サイドチューリップの振り分けが決まります。
また、役物内部突起もそれにあわせ動くので、次の入賞球の振り分けに変化を与えます。

裏樋を伝った玉は、左右いずれかのサイドチューリップを開放させ、テコに当たります。

獅子舞 三共 盤面 裏連動②
獅子舞 盤面裏連動装置② チューリップ開放時

テコは、真鍮製オモリを押し上げ、機械式連動機構を伝い、左右下部両ストレート(落とし)
チューリップのピンを押し下げ開放させます。
(※中央下部チューリップには、連動させていません)

よって、1個の入賞に対する最大の連動数は、3個となります。
また、両サイドチューリップ入賞口への直接入賞は、左右下部両ストレート(落とし)
チューリップへの連動(緑矢印→)
を伴いますが、開放したチューリップへの入賞は
裏に落ちる仕様(赤矢印↓)
となっているため、連動は伴いません。

この辺の仕組みの理解は、動画を観ていただいたほうが早いと思います。

獅子舞 三共 上皿ロゴ
「アーン Sankyoです。よろしくね!」 上皿パネルの擦り文様もステキ

こうした機械式連動、私は大好きです。
お好きな人には、たまらない仕様でしょう。
「玉の重みも演出」になります。
電チューもいいですが、玉がこうしたチューリップを連動開放させるというパチンコの魅力も
再発見してもらいたいですね。(^_^)

獅子舞 三共ロゴ
こちらは、灰皿上三共ロゴ☆ 茜ちゃん(関西枠)です。

目を凝らすと、様々な秀逸なデザインが

獅子舞 三共 盤面飾り
盤面飾り「月に雁」です。こうした雅なデザインもたまりませんね。(^_^)
三共開発陣のデザインセンスに脱帽です!

全遊協 年始ポスター S54
全遊協年始ポスター 昭和54年 機械と同じ獅子舞です 

それにしても、こうした季節物は、時期を過ぎると・・・
例えば、年末の入替で入れたとして、松の内を過ぎたら・・・

この当時の新台入替のこと。多台数で導入したのでしょうか?
ホールの全部ではないにしても半数から1/3が『獅子舞い』だったら・・・

証紙 獅子舞 改
ネジに隠れてよく見えませんが、証紙○内に『改』の標が。これは、いわゆる改造機です。
ホールから工場に回収した資材を一部使用して、メーカー保証の元、改めて造りなおした物。
大変小さいですが「一部資材再使用機専用」の文字が。
この当時で、改造機の比率は4%前後なので、パチンコ史的に貴重な証紙かもしれません。

三共 吾妻号 林屋木久蔵年始広告
三共 吾妻号 昭和48年の年始広告 タレントは、林屋木久蔵師匠です (^_^ )

以前、エース電研から、クリスマスと正月営業をこの一台で!という機械がありましたね。
ディップスイッチの切り替えで、盤面仕様が変るのですが、正月以降の用途が・・・

中古で入れるとしても、年末まで機械を寝かせておかなきゃいけないし・・・
ニッチ過ぎたのか、翌年は発売されませんでした。(^^;;

まぁ、使用にあたっては真夏でも差しつかえはありませんが。
年中花満開とか打っている人もいましたしね。(^^;

それでは、本年もよろしくお願いします。

紅白幕連続
スポンサーサイト
09 : 00 : 00 | パチンコ | トラックバック(0) | コメント(10) | page top
<<ダブルアタッカー ニューギン | ホーム | 雀球全製品カタログ 藤商事 昭和48年 後編>>
コメント
--あけましておめでとうございます!!--

以前この台枠と同じオール10の普通機を道頓堀パチンコ博物館で見た事がありますよ!!

私も今のデジパチよりアナログ的な玉の動きの方が味があって好きですね~♪

今では当たり前のエコパチが当時あったなんて驚きました!!
by: ネコレン * 2011/01/01 23:38 * URL [ 編集 ] | page top
--ネコレンさま--

こんばんは。(^^)

大阪には、昭和50年代前半の手打ち機が多数眠っていそうですね。

アナログのよさ・おもしろさを多くの人に知ってもらいたいです。
微力ながらも、このブログを見ていただいた人に共感していただけるよう、今後も尽力していきたいと思います。

改造機。当時は、エコという観点よりも、分離式に対抗して安く(多く)出荷することに主眼がおかれたようです。
4%前後という数字も、地域やメーカー差があると思います。

それでは、本年もよろしくお願いします。m(_ _)m
by: アポロン * 2011/01/02 00:49 * URL [ 編集 ] | page top
--あけましておめでとうございます♪--

今年も楽しい記事期待しております♪

本年もよろしくお願いします。
by: nob * 2011/01/02 01:18 * URL [ 編集 ] | page top
--nobさま--

こんばんは。(^^)

いろいろな記事の案が浮かんでは消え浮かんでは消えです・・・
少しでも喜んでもらえたらと思います。

本年もよろしくお願いします。m(_ _)m
by: アポロン * 2011/01/02 01:49 * URL [ 編集 ] | page top
--1周年おめでとうございます。--

明けましておめでとうございます。
本年も宜しくお願い申し上げす。

「獅子舞」 改造機ですか・・・・・またまた勉強になりました。

状態も良さそうですね♪ 大事にして下さい


今年は、ウサギ年なので、ムーンラビットのように飛躍したいですね。
by: 古台くん * 2011/01/06 12:04 * URL [ 編集 ] | page top
--古台くんさま--

こんばんは。(^^)

一周年記念のメッセージ、ありがとうございます。m(_ _)m
気付いたら、過ぎてました・・・(^^;;

「改造機」、盤面替えが主流になると、制度としては廃れてしまいます。
「改造機・証紙」で検索しても、私のブログが頭に出るだけで、このままパチンコの歴史の波間に消えてしまう言葉なのかもしれません。

「獅子舞」。払出しは、良好です。ただ、ガラス枠の錆が目立ちます。裏の細かい部品、ひとつひとつが、よく考えて作られております。

ムーンラビット。
十二支ネタって、手がありますね。(^_^) 来年の新年は、竜ネタで・・・。
たくさんありそうですが、液晶機ばかり思い浮びます。(^^;

本年もよろしくお願いします。m(_ _)m
by: アポロン * 2011/01/07 02:49 * URL [ 編集 ] | page top
--あけまして おめでとう ございます--

今年も面白い機種の紹介を楽しみにしています。

それにしても、「いやぁ、参りました」と思わず言いたくなる役物ですね。
前回の雀球にしても今回の正月気分満載の手打ち機にしても縁のなかった私には、驚きの連続でした。
私の住む街にも雀球の店が一軒、細々と営業していたのですが……去年、メイド喫茶になりました。
また現在、役の無い普通機にしても設置している店はほとんどありません。
やはり、一時代前のパチンコの方が数倍遊べるし面白い、としか言いようがありませんね。

余談ですが、YouTubeで銀座の一発台「バズーカ」をUPしている人がいました。

それでは、今年もよろしくお願いします。
by: マグナム南斗 * 2011/01/07 15:37 * URL [ 編集 ] | page top
--マグナム南斗さま--

こんばんは。(^^)

今年もご期待にそえるような記事作りに努めていきたいと思います。
まずは、私自身が書いて(読んで)楽しめる内容から。そして、ポイントを絞ったり、視点を変えたりしながら、共感を得てもらえるような工夫を心掛けたいと思います。

雀球や手打ち機。私も大いにハマッタという訳ではないですが・・・
これらの記事も、その機械の特徴やおもしろさを掘り起こして、興味を持っていただければとの想いからです。

美しいかそうでないか。
主観になりますが、そうしたところも機械の魅力だと思います。

かつての機械が打ちたい。玉の動きも楽しみたい。
こうした声が少しでも拡がれば、パチンコも徐々に変わるかもしれませんね。(^_^)

それにしても雀球屋からメイド喫茶へ・・・
華麗なる!?転身(^^;;ですね。 なにがあったのでしょう?

銀座バズーカ。You Tube観てみます。 アレがアリなら、セロファンテープで、アタッカーを開けるのも・・・って、そういう店、見たことあります・・・(^^;;;

それでは、本年もよろしくお願いします。m(_ _)m
by: アポロン * 2011/01/07 23:39 * URL [ 編集 ] | page top
----

こうして見てると良いですね。耳でパチンコを打つ。ってこの事なんですね。

裏パックのギミックを見ると改めてその技術とアイデアの高さが伺えますね。裏を見てても楽しめる台なんてそうそう無い物です。

今年は手打ちを幾つか導入したいですね。

兎に因んだ機種、探してみます(^^)
by: u-can * 2011/01/11 19:35 * URL [ 編集 ] | page top
--u-canさま--

こんばんは。(^^)

耳でパチンコを打つ。今のパチンコは、音量も大きく、ホールの中も喧騒がスゴイので、なかなかできませんよね。(^^;
槌先に玉の当たる音。玉が釘にからみあう音。
最後、無音の時があったので、雰囲気を出すためにBGMを入れました。今、ホールでBGMを実感することは少ないですね。

この裏パック。スケルトンなので、特に動きを楽しめる仕様になります。
多くの人のアイデアと長年の技術の集大成です。無駄がありません。
動画では、個々の人の興味は様々ですし、細かな説明はできませんが、感じとっていただけたら嬉しく思います。 (^_^ )

この機械。普通機の中では、派手で凝った方ですが、動画のコメントを読むとシンプルに感じられる方が多いようですね。
チューリップ。最初は、一つから数が増え、連動も増え、オール15・13などから賞球をオール10にしたり・・・
派手にする分、どこかを削る。
なんだかパチンコの歴史は繰り返されているんだなぁ、と実感します。

兎。スーバニがまっ先に思い浮びました・・・(^^;; SUPER
by: アポロン * 2011/01/12 02:13 * URL [ 編集 ] | page top
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://appolon.blog13.fc2.com/tb.php/70-3658d88c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |