スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top
台湾訪問記 三日目
2010 / 10 / 15 ( Fri )
紅白幕連続

夜が明けると、とても晴れ渡っています。一日遅れの台風一過。(^^)
台風が西に抜けていった(台風の性格上、中心から北東方面の雨風が激しい)のと、
海水温の高い南方の洋上で、動きが遅いためでしょうか?

今日は、これからサイクリングだそうです。
南国の日差しは強いので、UVケアをしなきゃ。(ウソです)

まずは、朝食を食べにバイク二人乗り。朝市に向かいます。

阿木の魚丸米粉 宜蘭
阿木の魚丸米粉 台湾は、安くておいしい屋台が充実してていいですね。

魚丸米粉 宜蘭
つみれと厚揚げのビーフンです。スープが絶品!!!

宜蘭 朝のにぎわい
日本では、地方都市に行くと悲惨な光景を目の当たりにすることが多いですが・・・
ここ宜蘭は、朝から活気にあふれています。

宜蘭 ホームバイク
お行儀が悪いですが、そのままホームにダイレクト・イン。(^^;;
段ボールで巻いてあるのは、発送用です。
学生が夏休みの頃は、帰省でホームいっぱいにバイクが並ぶとか。
日本でもバイクや自転車を一緒に運んでくれたら便利ですよね。

ここで、ルーイエさんと合流します。ルーイエさんも両さんの同僚です。
昨年、両さんと一緒に日本を訪れました。広大な明治神宮を訪ね周るサムライです。
およそ一年ぶりの再会になります。(^_^)

四人そろいました。海辺の街、福隆に向かいます。

福隆駅 弁当屋
福隆に到着します。「びぇんとー、びぇんとー(べんとー)」(^o^)
駅弁は、ここ福隆の名物です。
そういえば、昨晩22時過ぎ頃、宜蘭に向かう途中でも売っていました。(^^;;
台湾の人は、商売熱心です。

福隆駅は、サトシさんの古巣になります。
「福隆の写真をいっぱい撮っていってね」(^_^) と駅長さん。

       続きをどうぞ

ミニ花輪連続
ミニ花輪連続

福隆は、海辺のリゾートの街。夏は、海水浴でにぎわいます。

福隆 貸し自転車屋さん
駅前には、多くの貸し自転車屋が並びます。
台湾名物、客引きのおばさんに付いていきます。

強い日差しの中、自転車で坂を登ると、古いトンネルが現れます。 暑い!

冷気隧道 福隆
ヒンヤリ冷たい風が吹いてきます。ここは自然のクーラー。 (>o<)スズシー!
新しいトンネルが掘られた今は、サイクリングロードとして整備されています。
煤けたレンガ造りで、ほぼまっすぐです。
入口の公園には、かつてこのトンネルを設計した日本人技師の碑が残っています。

長いトンネル(台北縣と宜蘭縣の県境)を抜けるとそこには・・・

亀山島展望台
海が見え、視界がひらけます。龜山島への展望台。
宜蘭から来る途中、ずっと車窓から見えました。
列車がトンネルを抜けるたび、亀の頭が右を向いたり左を向いたりしています。

石花氷屋 福隆
石花凍は、福隆の名物です。どんな飲み物でしょうか?

石花氷 原料
「ウチのは自家製オリジナルなんだ」と、おじいさん。
寒天・トコロテンの類になります。原料の天草の採取から行っているようです。

石花氷と亀山島
酸っぱいトコロテンをイメージしていましたが、味はさっぱりさわやか。
パッションフルーツのような香りで、おいしいです。
南国リゾート気分を満喫します。(^_^)
龜山島の向こうに霞んで見えるのは、清水断崖へと連なる険しい絶壁の山々。

福隆駅まで戻り、涼しい事務所で列車を待ちます。
行く先々で、みなさんよく話をしています。
台湾の列車は、車内に車掌さんがいるんですが、列車にも乗るたびに話をしています。

日本では、大きな組織だと部署が違えばお互いの顔も名前も知らないことはザラですが・・・
皆さん、仲良しです。(^^ )
また、台湾では、わりと見ず知らずの人同士でも気さくに話しているのを見かけます。

宜蘭駅 晴れ間
宜蘭まで戻ります。晴れわたった空と宜蘭駅。

台湾東部は、日本人との関わりが深かった地域。
両さんは、私が日本人ということもあり、宜蘭縣に残る各地の史跡を案内してくれます。
オートバイの後ろに乗り、レッツラ・ゴーです。

西郷菊次郎 記念碑 宜蘭
宜蘭川土手に残る初代宜蘭縣廳官(知事)「西郷菊次郎」碑 
西郷菊次郎は、西郷隆盛の息子。宜蘭川の治水に果たした功績を称えた碑のようです。
西郷隆盛は、知っていますが、その息子のことは知りませんでした。

日本家屋街 リフォーム
台湾各地には、今も日本家屋がチラホラ見受けられますが・・・
ここは、日本家屋にリフォームした地域。今も現役で人が住んでいます。

途中、マースさんお待ちかね、街道沿いの檳榔小姐多発地帯を抜けますが・・・
写真を撮ろうと思いますが、両さんはまじめな公務員。
私がパチンコ店に行くというだけで「えぇ~!!!」なので、
途中で止めてと言い出せません・・・(^^;
「え~これは私の趣味ではなく、あの~その~、日本の読者のためなんです」(^^;;;

キティちゃんの看板を掲げる、ハローキティ檳榔店なるものもありました。
これはおそらく、トラック運ちゃん向けではなく、求人的な要素からなのでしょう。
台湾は、キティちゃん好きで日本より見かけることが多いです。
以前、キティちゃん便器の広告にも驚きましたけど・・・ビンロウと言えば、イメージ的には
ナンですが・・・
サンリオの太っ腹さには、頭が下がります。m(_ _)m

木のオブジェ 羅東
木のオブジェ よく見ると、屋根の上にはデンデン虫が 
宜蘭の隣町、羅東の夜市に行きます。羅東は、林業関係の集積地。
日本の神社に使われるヒノキの大木の多くが、ここから出荷されたそうです。

かつての羅東神社の跡が公園となり、その公園を囲むように夜市が形成されています。

宜蘭名物 ピーナツクレープ
飴で固めた落花生をカンナで削り出し、その粉を何層もアイスクリームに載せ、
香菜(コリアンダー・パクチー)と一緒に生春巻き(クレープ生地)でくるんだお菓子。
作り置きができないため、けっこう手間ヒマかかったできたてが。
固さと軟らかさと冷たさと香りが交じり合った不思議な食感になります。
もし、見かけたらおすすめ。宜蘭県発祥だそうです。

羊肉麺屋 羅東
人気店のようです。羊肉湯店。よく見ると臭豆腐の文字が・・・

羊肉麺 羅東
ようやく席を確保します。羊肉麺、ラムちゃんだっちゃ

他にもコリコリの一口卜肉(唐揚げ)やアツアツの糕渣(中がトロミのある煮凝りの揚げ物)など、
宜蘭地方独得の名物をいただきます。
まさに宜蘭尽くしの夜です。(^_^)v

夜市といえば・・・

スマートパチンコ 夜市
こうした遊技施設も欠かせません。これは、弾いたビー玉が一個ずつ横に入賞すれば点数に
なります。アレパチというより、アレンジボールの元祖のようなものでしょうか?
台湾のアレパチは、本来のゲーム性が消失してますが・・・(^^;;

キティセル スマートパチンコ
人気のキティちゃん。原住民衣装を着たキティちゃんセルです。
大人4人で並んで打ちますが、シンプルながらけっこう盛り上がります。
景品に鉛筆・風車付きの笛・飴をもらいました。(^_^)v

宜蘭に移動します。

宜蘭観光東門夜市 陸橋下
宜蘭東門観光夜市
ここもにぎやかですが、羅東の夜市に比べると、やや小ぶりな規模です。

小鋼珠? 宜蘭
パチンコ店の看板が・・・
のぞいてみましたが、スロットが1シマあるだけで、あとはルール不明のポーカーゲーム機。
入口でビンロウ噛んだオヤジがガン見してきます。(^^;;
とても外人が入っていけるような雰囲気ではありません。

キティスマート
ここでもキティちゃんは人気です。ピカチュウ役物がクルクル回っています。
他に名探偵コナンバージョンとかも人気。

パチンコスマート 宜蘭夜市
これは、パチンコとスマートボールとピカデリーサーカスの合いの子。
ルーレットで、入賞ゲートを決め、大きな鉄球(ピンボール小)を弾き、
おなじみ2・4・6・8・10のベット数に応じたパチンコ玉が払い出されます。

ドラゴンセル 宜蘭
こちらは、男の子向けドラゴンセル。
でも、女の子が夢中でした。対象年齢は、かなり低いようです。

羅東と宜蘭の夜市をハシゴして、お腹も心もいっぱいです。
そういえば、今日は誰一人、日本人を見かけませんでした。
夜も更けていきます。

両さんは、昨晩の夜勤は一昨日の代休となりましたが、明日は、朝から日勤です。
「サトシさんが送ります」
「一人でちゃんと行けますよぅ」と言いますが「いいからいいから
なにからなにまで、お世話になりっぱなしです。m(_ _)m

夜行列車 宜蘭駅
夜行列車で高雄に行きます。(時計回り)1時5分発で翌朝6時に台湾南東部台東に着きます。
この列車は、台北方面からの終列車の役割も兼ねているようです。
(※週末には、もう一本遅い列車もあります)
なにもなければ、翌朝には高雄に着くのですが・・・

両さんとルーイエさんに見送られ、「行ってきま~す」(^o^)/``

      つづく

紅白幕連続
スポンサーサイト
18 : 00 : 00 | 台湾 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top
<<台湾訪問記 四日目 前篇 | ホーム | 台湾訪問記 二日目>>
コメント
----

やはりスマートボールの画を見るとワクワクしますね。何とか一式揃えたいです(笑

先日もテレビで台湾の夜市をやってました。
このスマートボールも出てました。

やはり世界共通ですね。屋台の楽しさというのは。
by: u * 2010/10/18 10:47 * URL [ 編集 ] | page top
--u-canさま--

スマートボール。子供向けですが、大人がやってもなかなか楽しめますよ。(^^)
パチンコ・スマートボール・ピカデリーサーカス。様々な要素が織り込まれております。

一式揃えられますか?台湾のヤフオクも一度ご覧になって下さい。(^^;;
おもしろいですよ。

台湾の屋台は、なんでもない夜でも、けっこうな人出。
日本だと、お祭りの日くらいしか、にぎあわない街もあるので、こうした活気に癒されます。i-179
by: アポロン * 2010/10/19 01:04 * URL [ 編集 ] | page top
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://appolon.blog13.fc2.com/tb.php/64-6cf5ead6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。