スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top
台湾訪問記 四日目 前篇
2010 / 10 / 17 ( Sun )
紅白幕連続

ゴトリという揺れで目が覚めます。

夜明け 鹿野
外は幻想的な夜明けの風景。美しい山々に朝日が映えます。

夜行列車 展望台
列車の後ろが展望台。霧の中を抜け、刻々と変わる景色を眺めます。

直立不動
誰もが寝ている早朝に・・・
直立不動の体勢で、列車の通過を見送っている駅員さんの姿が印象的でした。

坂を転がり落ちるような猛スピードで、終点台東に到着です。

台東駅 朝
台東駅。原住民アミ族の置物。台湾南部ですが、今日は寒いくらいに涼しいです。
同じ台湾でも、また雰囲気が違います。

サトシさんと本日の打ち合わせや台湾事情を筆談を交えて行います。
漢字って便利ですね。(^^ )
いろいろ親切に教えていただきます。m(_ _)m

代行バス 車内 台東
何もなければ、朝には高雄に着く予定でしたが・・・
先日の台風のため、鉄橋が流され、台東~大武間は不通です。
代行バスが連絡します。これは、事前に両さんから教えていただきました。
台湾のバスは豪華ですね。

朝の番組は、年寄り向けなのか、薬や健康食品のCMが多いです。
薬事法の違いでしょう。CMは、どれも効果絶大を謳っています。
映像のような効果があれば、劇薬指定です。(^^;;

宙吊り線路
途中、宙吊りになったレールが・・・ここは何度もニュースで映してました。
これでは渡るのは無理ですね。

広い海に雄大な山々の景色が続きます。
点々と現れる集落以外、ほぼ無人地帯。

アクシデントと言えばアクシデントですが・・・
こうして海や山や空をゆっくり眺められるのも貴重かも。(^^ )

大武 自強号
台湾南端に近い大武駅で乗り換え。空の青さが目にしみます。

水上電車
先日の台風11号は・・・
台湾南部で猛威をふるい、未だ水が引き切っていない所も。
列車が水の上を滑るように走り、映画「千と千尋の神隠し」の電車のようです。

高雄車站ホーム 到着
お昼前、ようやく高雄に到着します。(^_^)

    続きをどうぞ

ミニ花輪連続
ミニ花輪連続

それでは、お待ちかねパチンコ店巡り。

まずは、駅前の「出租機車」と書かれたレンタルバイク店で、オートバイを借ります。
事前に日本自動車連盟(JAF)で免許証の翻訳文を作ってもらいました。
(※日本の免許証そのままでは運転できません)

サトシさんを後ろに乗せ、レッツ・ゴーです。
右側通行・走行禁止車線・二段階左折など、独特のルールのある台湾の道。
サトシさんから路上講習を受けます。

まずは、市内北部三民区方面から。

統百パチンコ 高雄
『統百パチンコ』 大昌二路・義華路交差点そば

パチンコの台数は、そこそこ。マジックホールが人気のようです。
大昌二路沿いには、スロ専・ゲームセンターが点在しています。

京城パチンコ 高雄
『京城パチンコ』 正忠路・建興路交差点そば 

統百から徒歩圏内にあります。店舗には「暫時停業 内部整修」の張り紙が。
リニューアルオープンするのでしょうか?

華克山荘 高雄
『華克山荘』 九如二路沿い 
こちらは、休業してから、少々日がたっている様子です。

富士山導入店 高雄
『普 パチソコ』 自立一路・十全二路交差点

ここもパチンコの台数は少なめながら、個性的なラインナップ。
謎の機種「富士山」が導入されています。
華克山荘と同じ三菱のロゴマークが。
景品カウンターの女の子は、メチャメチャかわいいです。夜、再訪します。

市北部三民区の次は、市南部へ。

パチンコ九福 高雄
『パチンコ 九福』 中山二路 四維四路 交差点そば

ここはものすごい活気です。オールパチンコの大型店。空台なしです。
島は割っておらず、一列びっしり同一台。島も長いです。
往年の日本の活気あるホールを彷彿させます。こちらも、夜、再訪予定です。
こうした雰囲気を味わえただけで、訪問したかいがあります。

続いて、市内中央部へ移動。六合観光夜市で有名な六合二路へ。

六合二路 昼間
六合二路。にぎやかな夜市しか知らない人は、ここが同じ場所に見えませんよね。
スロット店が数多く集まります。

六合二路 スロ専②
スロット店は、このような感じ。今だに吉宗人気のようですね。

六合二路 スロ専①
これはなんと読むのでしょう。ーYレ虎楽園

脇の路地を入ると・・・

神奇パチンコ 高雄
『神奇パチンコ』 六合二路より南台路入る

設置機種は、『水果王』(フルーツパッション)・『阿拉丁五代』(プレジデント5)・『超級阿拉丁』
(新しい方のビッキーチャンス)・それ浜
お店の規模は小さいですが、落ち着いて遊技できます。店員さんも親切な方が多いです。

まだまだ他に店舗があるかもしれませんが、これで、高雄市内主要店舗の
下見は終わりました。
他にご存知の方がいらっしゃれば、下のコメント欄にお寄せいただければです。

そろそろサトシさんが宜蘭に戻る時間となりました・・・
バイク洪水の高雄の街。サトシさんがいてくれたおかげで、心強かったです。
また、バイクを借りるにあたり、サトシさんが間に入ってくれたおかげで
スムーズに借りることができました。感謝します。m(_ _)m

       つづく

紅白幕連続
スポンサーサイト
18 : 00 : 00 | 台湾 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top
<<台湾訪問記 四日目 後編 | ホーム | 台湾訪問記 三日目>>
コメント
----

でましたね。

ネオンが二昔前ですね。とても哀愁を感じます。素晴らしい♪

でも羽根物文化が無いのは悲しいですね…ただのギャンブルなんですね。

その点、日本にはまだ羽根物を愛する店、メーカー、ファンが居て良かったです。
色々なメーカーの開発陣が昔の台を勉強している。との噂を聞きました。

現行規定で昔の台をまんま復活させる流れ。何かが起こりそうな予感がしてなりません。

つづきを期待してます(^^)
by: u * 2010/10/18 10:53 * URL [ 編集 ] | page top
--u-canさま--

オマタセシマシタ大役満(エキサイト麻雀風)

台湾のパチンコ屋さんをのぞくと、いたる所に「阿拉丁」の文字を見かけます。
日本と違う進化?をとげた姿を是非ご覧になってほしいです。
それだけ人気のあった台なんですね。

羽根物。かつては様々なバリエーションがあったそうですが・・・
ドツキ・その他がひどいので、お店のほうがもたなかったそうです。
打ち手とホールとの共存共栄。考えさせられます。

台湾のパチンコを見て感じるのは、極一部の人の嗜好品。
大衆に根ざしていないので、一時のブームが過ぎれば、衰退しかない。
日本もそうならないよう、願わずにはいられません。

台湾の・・・お店の雰囲気は素晴らしい香りに満ちています。
ホント二昔前の佇まいですね。

客層も濃いめです。(床に)ビンロウ吐くなの張り紙も・・・(^^;;
by: アポロン * 2010/10/19 01:30 * URL [ 編集 ] | page top
----

さて、カウンター嬢の写真集はまだでしょうか?

それよりも台の写真の方が気になりますけどね(´∀`*)
by: 柏葉三雄の友人 * 2010/10/19 10:48 * URL [ 編集 ] | page top
--柏葉三雄の友人さま--

こんばんは。(^^)

カウンター嬢の写真集。
ごめんなさい、インターネットブログという性格上、個人を特定する肖像は・・・
カウンター嬢は、公人か私人かと言えば私人ですよね。(^^;
すみません。m(_ _)m

街角で偶然お会いした時にでも・・・と言いつつ撮り忘れてました。(^^;;
台湾は、おすすめなので、ぜひ確認して来て下さい。(^_^)
by: アポロン * 2010/10/20 04:22 * URL [ 編集 ] | page top
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://appolon.blog13.fc2.com/tb.php/62-81b4ad13
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。