スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top
D-51
2010 / 08 / 31 ( Tue )
紅白幕連続

残暑お見舞い申し上げます。
久々の更新になります。(^^;;

ビッグニュース!ビッグニュース!!
皆様に朗報です。あのビッグシューターが復活するそうです。(^_^)
当TUSK「玉の動き総合研究所」では、独自の情報収集ルートを駆使。
カタログの入手に成功しました!!

ネオBSカタログ①
「初代ビッグシューター」が強調されています。顧客のニーズを感じとったのでしょうか?

ネオBSカタログ②
元祖をかなり意識した造り。期待が持てます。
アタッカーを廃してくれたのも、ポイント高いです。
やはりあのローターをくぐるドキドキ感がいいんですよね。
やっとそこに気付いてくれましたか平和さんです。
私などは「ビッグシューター3」ですら、違和感ありました・・・

総力をあげて情報収集した結果、
  パンク時の「ブッブー」も復活したらしい
  しかしほとんどパンクはない模様
  大当り中、Vゾーンに入ると妙な継続音が流れるみたい  
と、いったところが判明してきました。

ネオBSカタログ③
ななんと、カタログに「玉の動き」の文字が!! (ToT)
役物やゲージが細身なのも当ブログ的には高得点!!
視界に収まり、玉の動きを集中して見ることができます。
まるで、当ブログを参考に作ったかのような仕上がりです。(^_^)
今まで「名機復活!!」には、何度だまされたことでしょう・・・

細かいところで言うと、まだまだ希望はありますが・・・
今までの悪い流れを変える方向性は打ち出されていると思います。
次は、バンバンパンクするようにと、賞球数・大当り継続仕様の見直しに期待です。
あと、シールじゃない彫り込んだ役物の使用ですね。(^^)


さて、今回は、久々の羽根モノ特集。
昭和58年登場の西陣D51。汽車なのに羽根があります。

D51 パチンコ百科
「ザ・パチンコ パチンコ台図鑑」 リブロポート コスモエキスプレス紹介記事

「エレクトロニクス」「コスミック」といったイメージ。
時代にまだ夢があった頃ですね。

今なら宇宙に投資するといったら事業仕分けに遭い、世論から袋叩きにあいそうです。(^^;;
なんとも世知辛い世の中になったものです・・・

今回ご紹介する「E-デゴイチ13」は、西陣(ソフィア)が881番目に開発した機種になります。

     続きをどうぞ・・・

ミニ花輪連続
ミニ花輪連続

D51 本体 西陣
D51 本体写真
上皿下皿の斜に角ばった外観が、当時の自動車のデザインに通ずるような気がします。

「E-デゴイチ13」には、4つのバージョン機があり、他に「E-デゴイチA13」
「E-デゴイチC13」「E-デゴイチD13」があります。

また、記録に残る型式名は、県毎に様々です。
「D51-1号」「D51-2号」や「D51 1号」「D51 2号」
「D51(8E)9穴2連動オール13」「D51(7E)9穴2連動オール13」
「D-51」や「D-51-58-1147」などがあります。
スペック違いの詳細は不明ですが、認定を受ける県によって基準が異なっていた時代です。

D51 盤面 西陣
D51 盤面写真
気のせいかもしれませんが、セル画の睫毛の長い女性が、某女性に見えなくなくもないです。
ゼロタイガーに続けとばかり、各社飛行機タイプを発表しましたが、飛行機以外のモチーフも
増えてきた。そんな頃の台です。

動画をどうぞ。



いかがでしたか?
当時、似たような飛行機タイプが多い中、役物に蒸気機関車を採りいれたこと、
そしてスーパーリアルサウンドが話題になったようです。
この頃の京楽は、羽根モノだろうと権利モノだろうと、全て同じ音でした。
(アノ音、好きではありますが・・・)(^^;
というわけで、動画にもありましたが、その音(リアルサウンド)を確かめに行ってきました。
当動画シリーズ初の屋外ロケ。次は、海外ロケにも挑戦したいです。

東京から電車を乗り継ぎ、1時間ちょっと。秩父の山中に汽笛が鳴り響いてました。

蒸気機関車 三峰口駅
やはり実物は、重厚感があります。線路を軋ませながら、ノシノシと動き回ります。
夏の暑い昼下がり。サッと夕立が降ったり、セミの鳴き声とともに日本の夏という感じでした。

圧巻は、動画にもありましたが、発車のシーン。山々をこだまする汽笛。
白い蒸気を撒き散らしながら出発していきます。
実際は、動画で観る以上の迫力がありました。

秩父スタンプラリーちらし
駅に置いてあったパンフレット。
(※画像と本文とは関係はありません)
そういえば・・・
この人たち、いつも駆け込み乗車でしたね。外に行くからトラブルに巻き込まれるのに・・・
駅でそばでもすすってりゃいいのに・・・
車掌さんの「次の停車時間は、23時間14分」。
幼少ながら「止まり過ぎ!!」とツッコミを入れてました。(^^;;

秩父鉄道きっぷ
きっぷも昔ながらのきっぷでした。

途中、鍾乳洞で涼を取ります。そびえ立つ武甲山は、全部石灰岩の山です。
涼しいー。(>_<)
そして、帰りに立ち食いそばを食べましたが・・・

てんぷらそば 値段
秩父鉄道 御花畑駅 駅そば 値段に注目!
かけそばと天ぷらそばの値段が一緒!!です。
よく見ると月見そばと天玉そばの値段も一緒!!!

これは、よほど天ぷらに自身がある証拠。
「ウチで天ぷら食べないやつは、客じゃない!」というメッセージを感じました。

天玉そば 御花畑駅
あごだしのつゆに揚げたてのかきあげ。立ち食いそば屋のクオリティーではありません。
これで天玉そば350円は、お値打ち感があります。(^_^)

さて、D51のゲージ特徴を解説します。
D51 ゲージ特徴
谷釘に対し、風車はやや内側に打ち込まれています。
そしてヨロイ釘左上部も隙間が多く、さらに外に逃げる玉も多いです。
また、この当時の流行で、谷釘そのものも外側が開いており、上半分は玉が散るゲージ
といえます。これらにより、役物の甘さとのバランスをとっていると言えるでしょう。

逆に羽根周囲は、ヨロイ釘を抜けた玉も横から羽根に乗るようなコースができています。
肩チャッカーも羽根への寄りを促がす形状となっております。

上半分が散りやすいため、肩入賞やチューリップのダブルは比較的おこりやすい機種です。
羽根も上からだけでなく、横からの入賞のルートもあるため、役物入賞の玉の動きが
単調にならない工夫をされているといえます。

D51 機種別
「人気機種別 必勝パチンコ打法」 新星出版社 村木哲郎著
「メカと特徴」の見出しがいいです。「メカの素だぁ~」こんなマンガがありましたね。

D51読み
「デゴイチ」が正しいのでしょうか?「デコイチ」が正しいのでしょうか?

このD51のゲージを全体的に考察すると、全ての入賞口に入賞の可能性があり、
小役ながらチューリップの開放も視覚的なアクセントとなっております。
また、オール13のため玉持ちもよく、ジワジワ玉を増減させながら打ち止めを目指していく。
普通機の延長線上に役物の開放で波をつける。
そんな仕上がりになっているといえます。

D51チューリップ
蝶を模したブリキのチューリップ。グッとくるものがあります。

フィーバー機の登場により、ホールの売上げUPがこの時代の転換期として語られますが・・・
羽根モノもまた、普通機ばかりの頃を考えたら十分売上げ増につながりました。
羽根モノオール13の時代は、この後まだ数年続きますが・・・
その後、徐々に徐々に減らされていったのは、皆さんご存知の通りです。

ホール側の理論に立てば、売上げがあるから玉も出せる。
通常賞球を減らせば、さらに鳴かせられるし、大当りの玉も増やせる。

確かにそうですが、いつの間にかそれが利益も取れるにすりかわってしまった気がします。
まぁ、今時分、羽根モノを利益の柱に置いている店も皆無ですが・・・(^^;;

D51 盤面飾り
なんともこの頃の西陣らしい盤面飾り。コスミックゲームです。
当時は、西陣に限らず宇宙を模したデザインの多かった頃です。
「13」の賞球シールがなんとも言えぬ味わい。

刺激のある台もおもしろいのは事実ですが・・・
全ての打ち手が望んだわけではないのに全ての打ち手が望んだかのように徐々に徐々に・・・
賞球感。ボーっと、チンタラパチンコを打ちたくてもチンタラできない。
顧客のすそのを狭めているのでは?客離れの要因の一つである気がします。
全体のバランスというのも考えてほしいものです。

D51を打って、そんなことを考えてしまいました。

紅白幕連続
スポンサーサイト
18 : 00 : 00 | パチンコ | トラックバック(0) | コメント(18) | page top
<<お知らせ 台湾取材予定! | ホーム | 東京見物>>
コメント
--モノホンは良いですね--

デゴイチ。
いつか買おうと思ってたのですが…某ゴミ収集業者に…

しかし良いですね。パンク警報音。
シンプルながら打ち手を焦らせる仕上がりです。

セル画やセル飾りも素晴らしいです。
特にこの頃の台はセンスがありましたね。シールやLEDを多用した現代のハリボテ箱…

新しいビックシューターには…おっと、旧いビックシューターには期待してます(^^)流石、羽根物を作った平和です。道筋は出来上がりました!!


ってか、デゴイチ欲しくなってきました(汗

by: u-can * 2010/08/31 22:48 * URL [ 編集 ] | page top
--●ーテル・・・--

ここに松●零士がパチンコにパクられる源流があるんですよね~

某パチンコは完全に許可を取って作っていると思っていたのに実は取っていなかったと聞いて愕然としたことを思い出しました。

話は完全に羽根物からそれましたが・・・(笑)

カウントダウン方式と踏切の音がハラハラ感を演出していて良い感じですね!
by: nob * 2010/09/01 02:33 * URL [ 編集 ] | page top
--u-canさま--

こんばんは。(^^)

古本などもそうですが、欲しいと思った時、買えるチャンスがある時に入手しないと、巡りあわせの悪いことになりますよね。

現役のホールで打ったのは、湯河原温泉の正ちゃん。もう20年近くも前になります。

パンク警報音。よく見ると信号なのに音が踏切です。(^^;

シールやLEDの多用。最近のパチンコは、お金をかける所とかけない所が間違っているような気がします。
ちゃんと疲労度や不快感を科学的に検証して製品化しているのか、はなはだ疑問です。

ビッグシューター。今までほとんど顧みられることのなかった玉の動き。
こうしたことをパチンコメーカーが対外的に意識しだしただけでも大きな進歩です。

打ち手重視の流れを切り拓いていってほしいものですね。(^_^)

>欲しくなってきました
古い機械の魅力の再発見が当ブログのテーマ。
今回も成功成功大成功ですね。(^_^;
by: アポロン * 2010/09/01 02:38 * URL [ 編集 ] | page top
--nobさま--

こんばんは。(^^)

謎のロシア系金髪美女。
確かに似てなくなくもないですね。
偶然でしょうが、議論の余地はあると思います。

この頃は、駄菓子屋のメンコとパチンコ機が同列であったと解釈したいです。
当時は、うまい棒風の猫型ロボットのメンコをよく見た記憶が・・・

西陣が強いはずの東京都は、設置がなかったそうです。
これは、後のマッキーの件(文房具屋にあるアレのことです)から見て、おそらくは東京在住の先生への配慮!?だったのかもしれません・・・(^^;;;

ハラハラ感。私などは、レッドライオンの警報音ですら、ストロークを乱してました・・・
by: アポロン * 2010/09/01 03:15 * URL [ 編集 ] | page top
----

これをパチンコ博物館で見る度に、松本*士が怒らなかったのか、気になって仕方が無いです。

ところで、D51ですから、ロケもD51に乗ってこないといけないと思います(笑)
各シーズン、高崎から水上まで、SLみなかみ号がD51 498に引かれて走りますので是非、ロケに行って写真の差し替えを(笑)

と、金失っちゃんの私が言ってます。

実は、GWに息子(3歳)を連れて乗ってきたことは秘密です。
by: 柏葉三雄の友人 * 2010/09/01 15:43 * URL [ 編集 ] | page top
----

今回も見ごたえのある動画楽しませて頂きました!
肩の入賞がチューリップと連動していて死に玉が発生しにくい作りは打ち手にお得感ありますね。盤面全体使って釘調整を楽しめる素晴らしい台ですね!ぜひ我が家にも1台欲しいところです^^

ビックシューター導入は9月末あたりなのかな?久しぶりにホールに出向いて打ってみたいです。
by: タミー * 2010/09/03 01:51 * URL [ 編集 ] | page top
--柏葉三雄の友人さま--

こんばんは。(^^)

あらぬ混乱を避けるためにも、先生には内緒ですよ。(^_^;;シー

D51。高崎なら、そう遠くないですね。
なにかの折に見に行きたいです。

音と蒸気の迫力がすごかったです。煙の匂いも強烈でした。
近くに行くと熱く、なんだか機械なのに生きている感じがするのが魅力ですよね。

お子さんと行かれたそうで。そういえば、客層が動物園と同じでした。
さぞかしお子さんも喜ばれたことでしょう。
子どもをダシにお父さんも楽しめますね。(^_^)
by: アポロン * 2010/09/04 00:00 * URL [ 編集 ] | page top
--タミーさま--

こんばんは。(^^)
ご満足いただき、嬉しいかぎりです。

死に玉のないゲージ。散りやすく、真ん中に玉が集まりきらないきらいはありますが・・・
それでもチューリップへの入賞への可能性を残しています。
本文には記しませんでしたが、チューリップ脇の一本釘。
これなどもD51のゲージ構成が、普通機の延長上にある証です。

ビッグシューター。まだまだ悪い部分での今ドキ感はありますが・・・
今なら、まんまビッグシューターでも新機種としての価値は高いと思います。
客層のニーズをくみ取る。改善の新しい流れを切り拓いてほしいものですね。(^_^)
by: アポロン * 2010/09/04 00:19 * URL [ 編集 ] | page top
--ご無沙汰してます。--

先日、BS2で銀河鉄道999が特集されていて、ついつい全部見てしまいました。

松本零士がインタビューを受けてましたが、かなりのインテリぶりにビックリしました。

裁判などで、噛み付かれたら、手強そうです(汗

ビックシューター 楽しみですね。
まったりとしたホールに導入される事を祈ってます。(笑
by: @マース * 2010/09/06 11:40 * URL [ 編集 ] | page top
--@マースさま--

こんばんは。(^^)

ちょうど銀河鉄道999の放映時期の後に機械の発表時期があるので、どうしてもイメージがかぶる傾向があります。
先生は、マンガでのイメージだと、いつもラーメンすすっている感じですよね。

>噛み付かれたら、手強そう
誤解を避ける努力が必要ですね。(^^;;

ビッグシューター。まったりしたホールも少なくなりましたね。
ハネモノ=5&10という固定観念も、そろそろ見直したほうが・・・まったりしづらいと思います。
大当り出玉や賞球数とのバランスも考えてほしいものです。
3000発、ストレートに飲まれるハネモノって何?って感じです。
by: アポロン * 2010/09/07 02:38 * URL [ 編集 ] | page top
--羽物--

パチンコといえば羽物ですね。
玉が釘に絡んでヤクモノの中で躍動するのがパチンコの醍醐味。
今のパチンコって釘いらんもんね。

でも、たしか、今の規則じゃ釘いじったらいけんのじゃないの?
そうじゃなくても釘いじれるパチンコ屋なんてもう残っておらんでしょ。

結局、導入初期からぜんぜん出ない面白くない状態で放置>誰も遊ばない>やっぱ羽物だめ
の悪循環のような気がする。

悲しいけど、羽物の復活はまだ先になりそう。
でも、ビッグシューターは折り目折り目で登場するね。啓蒙活動の一環みたいにね。

いい流れだといいけど。
by: JOY * 2010/09/12 10:10 * URL [ 編集 ] | page top
--JOYさま--

いらっしゃいませ!(^_^)

>玉が釘に絡んでヤクモノの中で躍動するのがパチンコの醍醐味。

まさにそうですね。玉の動きと関係ない飾り役物ばかり動いて、「どう?スゴイでしょ」というのが今のパチンコ。小学生の持つ、12面筆箱状態です・・・

ホールも売上げ以上の玉を出すことができないのが解っているのに羽根モノまでもが無制限営業。
その台のおもしろさを伝える余禄なんてとてもとても。

結局、今のホールにお客がいない理由として「時間と予算のある人しか相手にしていない」のがハッキリしているのに・・・1円パチンコでお茶をにごしているのが現状ですね。

JOYさんの書かれた負のスパイラルを断ち切るには・・・
ニーズを読み取り、その機械の与えられた役割を認識できるメーカーやホールに期待するしかないですね。
本来プロであるはずの彼らがズレているのも、おかしな話ですが・・・(^^;;

羽根モノのお客そのものがホールから離れてしまって久しいので・・・
イキナリ劇的に変わるのは難しいでしょうが、「いい流れ」になることを期待するしかないですね。

当「玉の動きも演出」では、「いい流れ」を勝手に応援します。(^_^)
by: アポロン * 2010/09/12 16:23 * URL [ 編集 ] | page top
----

今回も遅ればせながら訪問させていただきました。
銀○鉄○999のパクリそのもののデザイン、当時の私も、正直「これは……」と思ったものです。
この怪しさ・胡散臭さこそが当時のパチンコ業界だったように思います。
とはいうものの、遊べる機種としての出来はかなりのモノだと感じます。
西陣の機種はちょいとばかり癖があるのが多く、辛めのメーカーのイメージが強いです。
この機種も、遊んだ記憶はありますが、出したという記憶はありません。
今でも西陣の台を見ると「出ない・出さない・取らせない」というような印象を感じます。
恐らく、基本的な経営方針が“お上寄り”なのでしょうね。ここがマルホンや大一との大きな違いでしょうか。
しかし、西陣は極めてタマにスマッシュヒットを飛ばすことがあるので侮れないのですね。本当にタマにですが。(笑)
by: マグナム南斗 * 2010/09/14 07:30 * URL [ 編集 ] | page top
--マグナム南斗さま--

こんばんは。(^_^)

>この怪しさ・胡散臭さこそが当時のパチンコ業界だった

そうですね。得も言われぬ不思議な魅力でしたね。
最初、新品には見えないライター石やケンシ練り香水、暗号のような記号の書かれたパイプ、妙に浮いた感じの釣り針・レコード針等々
「練り香水って何だ?どんな匂い?開けちゃおうかな?」と思っていました。これを持って向かう路地裏にも味わいが。

危険ではない怪しさや胡散臭さには、不思議な魅力がありますね。
私は、嫌いではないです。(^^;;

西陣。私は、関東に住んでいるので、超一流メーカーのイメージです。
西陣でもイマイチ人気薄なレアな部類の機械も、それなりに打ちました。
三共・平和が乗り越えられない物。そんな物を西陣には感じます。

>遊んだ記憶はありますが、出したという記憶はありません。

なんとなく、言いえて妙な表現ですね。(^^)
by: アポロン * 2010/09/16 03:17 * URL [ 編集 ] | page top
--西陣--

こんばんは、再訪させていただきました。

>西陣。私は、関東に住んでいるので、超一流メーカーのイメージです。

ええ、西陣は他のメーカーとは一線を画す別格の会社だと聞いたことがあります。
西陣は、パチンコ台や周辺機器関係の特許を多数取得しているので、自社の台や機器が売れなくとも、他所が売れれば売れただけの特許使用料が入るらしいのです。
大手と呼ばれる平和・三共、或いは最近元気な三洋・京楽なんかとは比較にならない抜群の経営(財務)内容だとか。
もちろん、平和は羽モノ、三共はフィーバーに関する特許を持っているわけですが、西陣の場合はそんなレベルではないそうです。
他のメーカーが新機種の開発に齷齪している中、何もしないで飯が食えるとは凄いと思います。
この余裕が、今回のD51の開発へ、そして名機レッドライオンの誕生に繋がるのでしょう。

それでは、新たな機種紹介を楽しみにしております。
by: マグナム南斗 * 2010/09/17 00:15 * URL [ 編集 ] | page top
--マグナム南斗さま--

こんばんは。(^^)

西陣に関しては、あくまでも私見なんですが・・・
その下地は・・・
当時、私が住んでいた千葉県は、セブン機の台数規制の影響(余波)で、羽根モノ天国でした。

よく行っていた千葉市の京成センター。ラインナップは・・・
赤兵衛・めぐみ一番・魔界組・スパンキー・ビッグシューター・やすき節・エンタープライズ・
パチンコ大賞・マッハシュート・(後に)スケボーキッズ等々、全て1列導入。
セブン機は、ファンキーセブンのみ
その他 キャラバン・ジャスティー・カーニバル2号・レインボー
西陣だらけですね。島ももちろん西陣でした。(平成2年頃)
今なら常連になります。(^^;; まさに遊技場!店の半分以上が羽根モノでした。
今でも玉貸し機の「Pa」というロゴが懐かしく思われます。

特許で左団扇な会社。スゴイです!!
知的財産って大事なんですね。(^_^)
by: アポロン * 2010/09/18 02:49 * URL [ 編集 ] | page top
----

新しい!?旧い!?ネオビックシューター打ってきました。
ここ数日で設置のある数店舗を廻ってきましたが、思いの外、良い釘してる(遊べる)台が多くありました。
新台初日から二日目位はメーカー推奨の釘で、殆どが同じ(笑)鳴かず寄らずでパンク続出。まぁ、久し振りにパンクを味わえて、パンクする度にニヤニヤしてたのは僕だけでした(笑
でも、数日経つとメリハリの出し方が判ってきたみたいで、終日95回とかの店もある位でした。
現在ホームになっている、家から30キロほど離れた店では、以前から「ぽちっと」を大量導入し、それを現在も上手に使っている老舗でして、今回も9台導入と嬉しい意気込み。
物珍しさで打つ客が居なくなり始めた頃から良い釘がポツポツと。

ちゃんと打てる釘で遊ぶネオビックは、あたかも時代が旧要件に戻ったかの錯覚すら覚える仕上がりでした。
寄りの重要性、落としだけでは勝てない面白みを久し振りに味わう事が出来ました。
この台、名機中の名機になりそうです。完成度からしたら初代と肩を並べるんじゃないかな??それ位面白い台でした。

この台がホールで人気を博す事になれば、他社からもこぞって旧要件風の台が出てくるかも知れませんね。そんなレトロ台ファンにとって一筋の光をこの台は放ってくれたと思えて仕方ないです。
是非他メーカーも頑張って欲しいですね(^^)
by: u * 2010/10/02 23:48 * URL [ 編集 ] | page top
--u-canさま--

こんにちは。(^_^)

熱きコメント、ありがとうございます。

ハネモノに関しては、一番ハネモノが人気のあった頃の仕様にすればいい。
難しくない、ただそれだけの事が、実際にはなかなか難しいのが、今の問題です。

捨てられた需要。ホールに活気がなければ、お客も寄り付かないのは、ホールもメーカーも気付いているはずです。

先日、台湾を訪問して強く感じたのは、超マイナーになりすぎると、産業としては衰退しかない。
極一部の過激なマニアだけでは、成り立たない。

これは、逆に旧要件ハネモノに関しても言えることで、いくら私たちが絶賛しても、かつてのお客が戻ってこなければ、やはり衰退しかないのです。

採算ベースを考えなければ、成り立ちません。
需要がなけけば、供給もないでしょう。
これは、本来私たちファンが考えることではありませんが・・・(^^;;

u-canさんのコメントにもありますが、最終的にはうまく使いこなすホールの手腕が一番大事ですよね。

それにしても・・・
ホームグランドが30Kmも離れているなんて・・・(^^;;;
今のパチンコの状況を現していますね。

レトロ台ファンって・・・
古いから好きなのか、かつての仕様が好きなのか・・・???
本質的な疑問もおこりますね。(^_^)
by: アポロン * 2010/10/03 16:52 * URL [ 編集 ] | page top
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://appolon.blog13.fc2.com/tb.php/59-42162286
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。