スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top
オレンジ色のニクいヤツ マグナム 後編
2010 / 05 / 12 ( Wed )
紅白幕連続

最近、色彩の勉強を始めました。
まったくの知識がなかったので、ロボスキー初級コースからです。

色彩と配色 表紙
はじめて学ぶ 色彩と配色』 永岡書店刊

永岡書店は、『パチンコ○秘情報』を出版していた所になります。
こうした本も出しているんですね。(^_^)

色の分類
この本によると、色にはまず有彩色(色みのある色 赤・青・黄など)と
無彩色(色みのない色 白・グレー・黒など)の2種類があります。
さらに、有彩色は「色相」「彩度」「明度」という3つの属性に分類することができます。

色相環 マグナム
有彩色の色相環

色には、様々な分類方法がありますが、この本ではPCCS(日本色研配色体系)に拠って
体系的な解説がなされています。

色の分類 マグナム
PCCSによると、マグナムのオレンジの色相は
『赤みの橙 色相番号4 reddish Orenge 4:rO』となります。 

色の心理的効果
色には、その違いにより、与える印象が異なる効果があります。
この本では、色の心理的効果についての解説もなされています。

色の心理的効果
色の心理的効果について。左頁の左側が興奮色、右側が沈静色。
右頁の左側が軽い・軟らかい色、右側が重い・硬い色。

パチンコ機は、その性格上、玉の動きが見やすく、期待感を持たせる
工業デザインが求められます。
『マグナム』の人気の要素を探る上で・・・
今回は、マグナムのその「色彩と配色」に着目していきたいと思います。

    続きをどうぞ・・・

ミニ花輪連続
ミニ花輪連続

それでは、『マグナム』の盤面写真を見てみましょう。

マグナム盤面写真
『マグナム』 盤面写真 何がどうマグナムなのかは不明です。
オレンジ色基調のセル画デザイン。

下半分は、ゴチャゴチャしたものですが、上半分はオレンジ色がベースカラーです。
(※『マグナム』はロングセラー機で、複数のセル画があります)

マグナム別セル
こんなセル画もありました。
こちらもオレンジベースですね。

このマグナムオレンジ。まずは、視覚の面で考えてみたいと思います。

前回の『キングロータリー』の役物撮影で、実感したことがあります。
背景がオレンジ色は、銀玉が映える
特にこうした機種の多くは、玉の動きが速く、入賞が見やすいものでないといけません。

教育おりがみ
得意の折り紙を使って、視覚の面で見てみましょう。

パチンコ玉と背景色
どの色が見やすいでしょうか?心理的効果も含めて見て下さい。
また、玉の動きが加わることも考慮しなければなりません。
黒は・・・。論外ですよね。(^^;

白黒 折り紙 マグナム
上記の白黒画像です。(※編集の都合によりパソコン画面(^^;;です)
これで折り紙の明度がわかります。
明度とは、色の明るさの度合いのことです。
白黒写真の白が強いほうが明度の高い色、黒が強いほうが明度の低い色とのこと。

こうして見ると明度の高い色のほうが、玉が見えやすいといえます。

折り紙 3種 マグナム
青は、オレンジより見づらいですね。

視覚面でパチンコのセル柄を考えると、明度の高い色がよいこととなります。
明度がもっとも高い色といえば白。
そういえば、手打ち台の頃は、白基調のセル柄も多かったですよね。

しかし、白は単調な色に見えますし、期待感を持たせる色と言えるでしょうか。
続いては、心理的効果の面で考えていきたいと思います。

色の与える心理的効果は大きいようです。

銀玉と青玉
玉の色によっても印象が異なります。
左が普通の銀色のパチンコ玉、右が青色に着色されたパチンコ玉。
肉眼で見ると、なんとなく青玉のほうが小さく見えます。

この玉の色が赤と青(進出色と後退色)や白と黒(膨張色と収縮色)だと、
よりハッキリと違いが見えます。
碁石は、白石よりも黒石のほうが、やや大きいそうです。○ ●
※左の白石の黒線の縁取りも含めて白と見ると、白のほうが大きく見えますね。(^^)

他にも・・・

興奮色と沈静色
彩度の高い暖色系には、興奮感を高める効果があるそうです。
闘牛に使われる赤は、代表的な興奮感を高める色ですね。

ただ、上記白黒折り紙の画像で赤は、比較的明度の低い色となってます。
やや、玉の動きが見づらくなるということですね。
かといって、黄色は明度が高く玉の動きが見やすい色ですが、興奮感にはやや欠ける
気がします。

そこで、興奮感と明度のバランスを考えると、赤みの橙(オレンジ)がこれらの要素を
もっとも満たした色といえるのではないでしょうか。

それでは、色彩面・心理面で考える上、オレンジ色ベタ塗りがベストなのでしょうか?
オレンジ一色なら大興奮ということになりますよね。

アクセントカラー マグナム
このように対照的な色彩を用いるアクセントカラーという配色技法があります。
配色を引き締め強調し、視点を集中させる効果があります。
スイカの甘みを引き立たせる塩といったところでしょうか。
もし、オレンジ1色なら、間のぬけたものになりますよね。

マグナム天下周囲
マグナムのオレンジ色セル盤を反転させると・・・

マグナム 反転
見事なまでに対照的な配色となります。
これを補色というそうです。
上と下の2枚の色を合わせると、無彩色(色みのない色)となります。

水色の気球やジェットコースターのラインや黄色のサーチライトがアクセントカラーになって
いますね。
もっと細かく見れば、気球のオレンジラインが気球の水色のアクセントカラーとも言えます。

白黒 マグナム
上記2枚の写真を白黒にしてみました。
明度の高い色は、玉の動きが見えやすいことを思い出して下さい。
全体的にオレンジ色の強い(興奮感の強い)イメージを与えつつ・・・・・
よく見ると、天下入賞口付近の花火がアクセントとなっており、かつ明度も高い!
なんと計算され尽くしたセル画なんでしょう!! (^^;;;

ひまわりマグナム
これは遊びですが、ひまわり調にしてみました。(^^;;
パソコンから離れて見ると、また印象が違いますよ~。

マグナム盤面飾り部品
マグナム盤面飾り。大一全国営業所網です。
今度は、白の中のオレンジ線やレールに沿った弧状の青線がアクセントカラーといえます。

これらのことから、パチンコ機におけるセル柄のオレンジには、
玉の動きを見やすくし、期待感を持たせる効果がある」と言えるのでは
ないでしょうか。

オレンジ色メインのセルは、古臭く見え、今のホールは敬遠するかもしれませんが、
かのような効能があります。
昔の開発部員は、自然とそのことを知っていたのでしょう。

マグナム役物チューリップ
クレヨンしんちゃん『アクション仮面』に似てますね。(^^)

かつて、名機と呼ばれたこうした機種の多くは、入賞口付近のセル画はオレンジ色でした。
カラー写真がふんだんに使われている『特選 パチンコ絶版名機大図鑑』を見ても、
『オープンラス』『パラレル』『水車』『スクラム2号』『アラジン』『紅薔薇』
『イーグレント』『キングスリー』・・・
いずれもセル画の基調は、オレンジ色としたものになります。
(※セル焼けで、元は、もっと赤味が強かった機種もあることも考慮が必要ですが)

オレンジセル群
オレンジセル群。一見青ベースの中央上部コスモパワーでも、盤面中央はオレンジです。
『パチンコ必勝大作戦』Vol.2 平成3年8月1日号より

昨今は、様々なデザインや塗色の枠・奇抜なセル画に溢れています。
しかし、本来の遊技性を考慮したものかどうかは、はなはだ疑問です。

パチンコメーカー開発部門は、プロですから、当然そうした研究はなされていると
信じたいですが・・・
ホールで各社並んだバラエティー島を見ていると・・・ (^^;;

紅白幕連続
スポンサーサイト
18 : 00 : 00 | パチンコ | トラックバック(0) | コメント(6) | page top
<<全古遊連 東海支部会合に参加 | ホーム | オレンジ色のニクいヤツ マグナム 前編>>
コメント
----

凄い専門的な分野ですね。私はあまり考えた事ない観点で、ヒットするのにも要因があると勉強になります。
「どついたら閉まります」のアタッカーに大変興味をそそられました(笑)
by: タミー * 2010/05/13 14:06 * URL [ 編集 ] | page top
--タミーさま--

いらっしゃいませ。(^^)

色の世界は奥深く、私のようなド素人が少し本をかじった程度で書くのはおこがましいですが・・・(^^;
色やデザインについての観点も大事ではないでしょうかと指摘したいのが、本項の趣旨です。

「どついたら閉まります」
フェールセーフの視点でみれば「どついたら開きます」よりはマシかと・・・(^^;
いずれにしても、台には優しく接してほしいものです。

つたない文章ですが、これからもよろしくお願いします。
by: アポロン * 2010/05/13 22:30 * URL [ 編集 ] | page top
----

文化的な研究ですね!
パチンコやパチスロの雑誌で、こういう研究をしているのを見たことがないです。
その割に、パチスロを文化だとか言い切っちゃったりして、恥ずかしいったらありゃしない。

>「どついたら閉まります」
>フェールセーフの視点でみれば
閉まったら当たりのあの機械とか、ヤバいですよw
by: 柏葉三雄の友人 * 2010/05/17 12:29 * URL [ 編集 ] | page top
--柏葉三雄の友人さま--

こんばんは。(^^)

文化的かと言われると、少し自信がありませんが・・・(^^;
そう言われれば、なんとなくそんな気がする程度に思ってもらえればです。(^^;;;
パチンコをいろんな角度でみてみたい。
このブログは、私好みの機械の肯定という視点で見ています。

専門家から見れば、間違っているところ、疑問に思う箇所もあるでしょうから、ご指摘いただければ幸いです。

セル柄の色も銀色の玉に対しての見え方になります。
かつての白やオレンジのセル柄にも一理あったんだなぁ、といったとこです。

あの機械の始祖もけっこう閉じちゃったそうですね。(^^;
by: アポロン * 2010/05/18 00:51 * URL [ 編集 ] | page top
----

お疲れ様です。

また一歩ディープな世界に飛び込まれたようで…何よりです(笑

昔から美術関係は少し興味があり、一時期美術系の道に進むべく色々動いてた時期も有りました。結局、道を造ったり家を建てたりと…今の職業がそんなに嫌いじゃないのが解る気がしてきました。

オレンジの法則。素晴らしい着眼点です。
反転するだけで全く別物になるんですよね。彼女が嫁に反転するのもその原理でしょうか。

後…再度ポケット。一緒に探してください(汗
by: u * 2010/05/19 19:01 * URL [ 編集 ] | page top
--u-canさま--

こんばんは。(^^;
よせばいいのに、またディープな世怪に飛び込んでしまいました・・・

u-canさんは、創造的な物に興味があるんですね。

「反転するだけで全く別物」
深い意味はありませんが、「彼女と嫁」のくだりでタンブラーの回転チューリップのだまし絵を想像してしまいました。
彼女の襟が回転して、ツノに・・・(^^;
もちろんu-canさんは、そうした意味で書いたわけではないのを知っていますので、なんとなくなんですが。

再度ポケット。
場所がわからなくなるほど所有台があるのが羨ましいです。
捜索しているうちに、片付け物をしていたら、昔の本や手紙が出てきてはかどらなくなるのと同じ事態が想像できますね。(^^)
by: アポロン * 2010/05/19 23:49 * URL [ 編集 ] | page top
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://appolon.blog13.fc2.com/tb.php/54-225e426b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。