スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top
ラスベガス取材旅行④
2016 / 10 / 21 ( Fri )
紅白幕連続

♪あなたは特別な男の子~ 私を自由にできる~♫
林寛子 「素敵なラブリーボーイ」
♪遊び好きな男の子に あげちゃうかも どうする気なの ヤヤンヤーン♪
浅野ゆう子 「青い誘惑」
とんでもない歌詞を女の子に歌わせてたもんです。(^_^;;

昔のアイドル話(河合奈保子の回)で、思わぬ反響が・・・
ベガスネタに入る前に今回は少しマクラ話を

ビューティフル・サンデー①
「NHK第2回ヤング歌の祭典」  映像は、昭和51年5月5日の放送

当世ヤングアイドル達が大集結して「ビューティフル・サンデー」を歌います。
なんとも豪華な顔ぶれ。もちろん百恵ちゃんも出ています。
大阪府伊丹市では今でも盆踊りに使われるという謎の息の長さの曲です。

これだけの大人数。
普段の行動もバラバラでなかなかリハーサルというわけにもいかなかったでしょう。
スーちゃんはワンテンポ遅れ、林寛子は片平なぎさとのペア。浅野ゆう子の髪型にも好感が…
ぬるい振り付けにもまた味わいがあります。

動画がありました。



第一陣(白服)のセンターがリリーズと黒木真由美。
第二陣(青服)のセンターが山口百恵・アグネスチャン・森昌子・桜田淳子。
やわらかい言い方をすれば、白服が新人組で青服がベテラン組といったところですが…

芸能界のあらゆるものが見え隠れしてるのもまた興味深いです。
けっこう順番・位置決めやカメラ回しのバランス調整に大変だったのでは?
なんとなくの妥当感もありますけど。
AKBが選挙というやり方を採るのも、案外と調整弁というアイディアかもしれませんね。

ビューティフル・サンデー②

いずれにしても、ノースリーブ・ミニスカ・ブーツ…そそられます。
ヤングパワーあふれる昭和50年代前期。たまりません。
いい映像が残ってたもんです。


前回からの続き

さて本日は、朝早くの出発。
早朝、ホテルにグランドキャニオンツアーのバスが迎えに来ます。
ツアー参加者を各ホテルで拾い、飛行機で遊覧飛行するためです。
朝日もまぶしくさわやかにこの後の期待感が高まります。
グランドキャニオンも楽しみですし小型飛行機に搭乗できるのも楽しみです。(^_^)

空港近くのホテルで参加者を乗せ、バスはほぼ満席。
そこで空港に向かうと思いきやバスは高速道路に乗りぐんぐんと郊外へ向かいます。
やがて峠を越え砂漠地帯。
あれ!?バスツアーと申し込み間違えたかなぁ・・・
バスで14時間かけて行くツアーもあります。

高速道路に突然信号機のある交差点が!
バスは右折するとセスナ機が駐泊している飛行場が見えてきます。
砂漠の中の空港に到着です。

ボルダーシティ空港③
ヘリコプターによるツアーも盛んに行われています

ここはラスベガス郊外のボルダーシティー空港。
市内のマッカラン国際空港は超過密空港なので郊外に分散させているのでしょう。
(ホテルから飛行機の離着陸が見えますがものすごい高頻度です)

受付で体重を量り色のついたシールをもらいます。
これで座席の割振りが決まるようです。
やがて「ピンク!」とか「ブルー!」と呼ばれシールの色別に整列点呼。
そこで座席指定の搭乗券をもらいます。

ボルダーシティ空港②

搭乗する飛行機は、DHC6-300(乗客19人乗り)
以前、福岡→奄美大島で搭乗したJACのDHC8-Q400の兄弟機になります。
(Q400のQは、Quiet(静音)の意で改良が加えられた機体です)

飛行機は、窓を大きくする等オリジナルの改良を加えられておりますが、
静音改良設計以前のシリーズ機のため機体はかなり古いようです。
座席もとても狭く幼稚園バス並み。
おそらく製造より30~40年程度の旧型機なのが嬉しいです。

機長と記念撮影をし、離陸します。
砂漠の空港を飛び立ちレッツラゴーです。
動画をどうぞ。


砂漠の風景の中の離陸が心地いいです

飛行機は、フーバーダムを左に見つつ遊覧します。
フーバーダムは、コロラド川を堰き止め1936年に竣工されました。
その人造湖であるミード湖は、日本に2500あるとされるダムの総貯水量の約2倍あるとか・・・
スケールがでかすぎて、落語の頭山でも聞いているような気分です。

ダムそのものの大きさはそこまでの規模を感じさせませんが・・・
アメリカの広大さを実感させます。

ミード湖②
コロラド川とミード湖 ダムは山陰に隠れています
(※復路に撮影 往路はダムのほぼ真上を飛行します)

ここで一つ出来事が。
通常航空会社が最上位の扱いとするとされる1Aの座席。(最前部左前窓側席)
今回空席だったのですが、日本人観光客がそこに移動。
それにより機体がやや左下寄りに傾きます。
副操縦士がそれにすぐ気がつき後ろを振り返ります。

ミード湖③

緑あふれる山々を見慣れた私の目には、木々の生えてない景色に違和感を覚えます。
日本では見られない景色。

ミード湖①

砂漠の山々と枝葉のように広がるミード湖を眺め、左にやや傾いた飛行機は
グランドキャニオンに向かいます。

   それでは続きをどうぞ

ミニ花輪連続
ミニ花輪連続

それでは続きです

広大なダム湖と果てしなく広がる砂漠を眺め、既に距離感がつかめなくなっています。
茶色く濁ったコロラド川が谷間から流れ出てきます。
これがグランドキャニオンか!

グランドキャニオン①

この茶色く濁ったコロラド川が今でもグランドキャニオンの峡谷を侵食します。
何百万年もの月日をかけて険しい谷が築かれました。

この飛行機の窓は、撮影にも適した特殊な窓ガラスが使われているとの事。
ツアー会社のHPには、日本の皇太子殿下もご搭乗されましたと記載があります。

グランドキャニオン②

元々は一つの平原だったものが、長い年月をかけこのような峡谷に。
アメリカというよりも地球規模の大きさに感動します。

こうした地形の移り変わりは動画のほうがより魅力を伝えることができるでしょう。
空からの眺めをご覧下さい。



秩父の武甲山でも感動するのにこの規模の大きさはなんなんでしょう!
重なり合う幾重もの地層は、ダロワイヨのオペラを思い出させます。

平らな平原と深い谷。
この落差に厳しいながらも美しさを感じられずにはいられません!



厳しい地形の谷間が連なりますが、飛行機は安定した飛行。
以前、伊丹から豊岡へのJACの小型飛行機SAABはドッカンダッカン揺れましたが・・・
不規則な地形が思わぬ風をよぶことを予想してましたが、静穏です。()



飛行機は旋回して谷間に入り込み地層を横から眺めます。

上部の平原から下の川底までは、だいたい1000~1600mの標高差があるようです。
ただ実感がわきにくくもあります。
比べる人工物が周りにないため、ただただ深く広大な峡谷がひろがる。
そんな感覚です。

グランドキャニオンの峡谷はまだまだ続くようですが、ここでUターンします。
飛び立ったラスベガス地区からは、飛行機では早いですがそれでも日本の感覚になおすと
東京~大阪間(約500km)ほどあります。

再びミード湖を眺め帰路につきます。

着陸体勢ボルドシティ

着陸体勢に入ります。飛行機前方はこんな感じ。
こうした前の見える飛行機は、J-AIRの新潟~広島西便(廃止)以来です。
その時の機材はハンドレページ・ジェットストリーム31。
宮島から牡蠣だなを眺めながら旋回して、広島空港の短い滑走路に着陸で急停止!
前方の三菱重工の倉庫にぶつかるんではと思ったのが懐かしいです。

遮るものがなにもない砂漠の空港に無事着陸。

ボルダーシティ空港⑤
素晴らしい遊覧飛行でした。ありがとうございます。()

満足感につつまれつつ、バスに乗りホテルへの送迎。
午後は暑いんでプールに行きます。

ラスベガス 空①
ニューヨークっぽいですがラスベガスの青い青い夏の日差しです

コスモポリタンホテルには3つのプールがあります。
人気の14階バンブープールは人でいっぱい。
少しすいた東館のプールへと行きます。

さぁここで読者サービス!
海外のリゾートプールではあんな事やこんな事がいっぱいです!!!

ラスベガスプール①

ここはもう映画の中の世界。
皆さんも海外のリゾートビーチやプールでの映像をご覧になった事があると思われます。
そこで観たことが、だいたいここでもくりひろげられます!

近所の区民プールのようにガチで泳ぎに来る人はここにはいません。
日本なら一発退場の事案がここでは普通。
なんでもありなんだなぁ・・・
まさに楽園です。

ラスベガスプール⑤
パインのフローズンカクテルでくつろぎます。

砂漠の街でプールに入る。なんとも贅沢な旅行です。
プールからあがるとつま先に違和感が・・・
なんだか乾くと白っぽくなってます。

ラスベガスプール④

話には聞いてましたが、ラスベガスの水道は循環水を使用しているとの事。
飲料できないことはないけど、あまり飲む人はいないそうです。
そういえば、空港の冷水器の水はおいしくなかったなぁ・・・
日本の水のうまさをあらためて知ります。

ましてや貴重な水を使ったプール。
日本の通常よりも濃い塩素を使用していることが予想されます。

ラスベガスの日暮れ②

貴重な水を使う噴水ショー。
あまりよくは確認していませんが、この池に魚は棲んでいるのでしょうか?
水について考えさせられる旅行でもありました。

そんなこんなでプールへは2回、噴水ショーは3回観に行きました。
ラスベガスは、カジノに行かなくても十分に楽しめます。
また、ブランドショップをはじめお買い物も存分に楽しめる街だと思います。

ラスベガス カフェ①

おしゃれなショッピングモール。高級ブランドショップが密集しています。
買い物好き女子なんかが来たら発狂しそうです。
なだめすかせるのに苦労しそう・・・(^_^;;ドウドウ

また、ラスベガスはショーの街。

ラスベガスショー公演①
街中にこのような劇場が立ち並びます

ショッピングモールを歩いていると、突然現れ驚かされます。
ただ、ラスベガスは街の性格かほとんど子ども連れを見かけません。
大人の街なんですね。

ラスベガス 空①

カジノ1本では厳しいんで、買い物やショーなど観光的要素にも力を入れているようです。
ここアメリカでも、若者のギャンブル離れが語られているのでしょうか?

アメリカでは、日本と異なる食生活を送りました。
ラスベガスが観光地ということもあるんでしょうが、物価はやや高め。
ちょっと軽めに食べるだけでも日本より高くつくことが多いです。

ただし、量は圧倒的に多いです。
グラム単価でみたら案外安いのかも。
あと、コーヒーはアメリカンというほど薄くは感じられませんでした。
アメリカで「アメリカンで!」なんて頼まないでしょうし。
これはイタリア・ナポリの人がナポリタンを知って驚くのといっしょかなぁ?

ラスベガス ホットドック
ホットドッグ、おいしかったです。お腹いっぱいになります。

通常の食事では日本のようなキメ細かさは感じられなかったです。
大味・大雑把な食事が多く、素材そのもの風味より調味料で足していく食文化だと思いました。
その辺で食事を済ますとゴミもいっぱい出るし、もったいないと感じる事も多かったです。
消費文化なんですね。

ラスベガス サンドイッチ
イギリス・サンドウイッチ伯爵の17代目が経営してるという店舗がありました。
ネタ?マジ?マスタードも2種類ありました。

その他、ラスベガスで気づいた点を・・・

ラスベガスのカジノにありそうでなかったのがピンボール。
全く見かけませんでした。
日本なら遊技機の範疇で設置されそうですが…
技術介入の余地もありおもしろそうだとは思いますがありませんでした。

確認できたわけではありませんが、カジノでは打ち手の技量で
勝敗が左右されるものは逆に設置がダメなのでは…
誰が打っても等しく平等。賭博と遊技の大きな違い。
こうした理由かもしれませんね。

こうしてラスベガスに数日ほど滞在しました。

と、この記事を書いている最中に・・・

ノーベル文学賞記事

今年のノーベル文学賞受賞がアメリカ在住のボブ・ディラン氏に決まりました。
新聞を見たら、ちょうどコスモポリタンホテルでコンサートを開いているとの事。
オバマ大統領からも祝辞が…なんて記事を読むと世界も狭くて身近なんだなぁ
と思いアメリカに親近感をおぼえます。

ただ、このディランさん。あまり嬉しくないみたい・・・
その後、追記される記事を読むととても喜んでる様子ではありません。
いろいろ事情はあるでしょうし考えもあることでしょう。
でも最低限の礼は尽くすべきでは?
だったら、その後の励みになったりそれが糧になる人を選んだほうが・・・
選考基準も見直したほうがいいのではないかと思います。

ラスベガスの日暮れ①

ラスベガスに夕陽が沈みます。
翌日早朝空港に向かい、夜を迎えないまま一気に翌日となり成田空港に帰国しました。
帰りは偏西風にも乗れないため、更に時間がかかり15時間程度でした。

いかがでしたか?
当ブログ7周年記念ラスベガス777取材旅行。
雰囲気などが伝われば嬉しく思います。(^_^)

  11/8追記
  ノーベル文学賞受賞のボブ・ディラン氏。
  無事に事務局とも連絡が取れ受賞するとのことでした。

紅白幕連続
スポンサーサイト
18 : 00 : 00 | アメリカ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<歌の感謝祭 2016 | ホーム | ラスベガス取材旅行③>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://appolon.blog13.fc2.com/tb.php/108-16dbb573
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。