ラスベガス取材旅行②
2016 / 10 / 04 ( Tue )
紅白幕連続

前回からの続き

空港で荷物を受取り、ラスベガス市街(ストリップ地区)へと移動します。
砂漠の中の街というイメージとは逆に車は多いです。
車線は多いのに大渋滞。
そのぶん街をゆっくり眺められました。

まだ、右側通行に慣れておらず違和感があります。

ラスベガスM&Mチョコ
「お口でとけて手にとけない」M&Mチョコのお店です
後日訪ねましたが、香料の匂いがすごく5分で退散しました

ラスベガス・ストリップ地区の距離感をさぐりながら、ホテルに着きます。
ザ・コスモポリタンホテル・ラスベガス
The Cosmopolitan of Las Vegas
3000室の部屋を擁し、まだできて5年ばかりの新しい61階建てのホテルです。

ベガスコスモポリタンホテルフロント①

なんともゴージャスなフロント
柱は全て大型モニターになっており、様々な映像が・・・
いくつものクリエイターに競わせて作ったのでしょうか?
滞在中、何度も観ましたが同じ映像はありませんでした。

ベガスコスモポリタンホテル3連bar
カジノに付き物のBAR 1F2F3Fともに吹き抜け三連BARです
にぎやかな歓声が聞こえてきます。

エスカレーターもシャンデリアの天井に金ぴか真鍮の装飾。
朝、だれもいない時間にピカールのようなもので拭いておりました。m(_ _)m
豪華さの陰にはこうした手間もあるんですね。()

ベガスコスモポリタンホテル通路①
謎の犬の置物 ホテルには飽きさせない装飾・演出が盛りだくさん

なんともすごいホテルに来たもんです・・・

それでは、高速エレベーターで部屋に行きましょう。
エレベーターの中では、モニター上ですが鯉が優雅におよいでいます・・・

  それでは続きをどうぞ・・・

ミニ花輪連続
ミニ花輪連続

続きです

鯉に導かれたエレベーターが止まります。部屋は、高層53階。チン

ベガスコスモポリタンホテル部屋①
「わー広い!!」()
ホテルの中では、標準的な部屋なんでしょうが一般日本人庶民には十分過ぎます。
大型テレビが2つに電子レンジ・冷蔵庫・簡単なキッチンが装備。
ベットもふかふかで柔らかすぎます!

窓の外はベランダになっており・・・

ベガスコスモポリタンホテル部屋②

このようにラスベガスのホテル街を一望。
空港も見渡せ、ひっきりなしに飛行機が離発着陸してます。
遠くの山々を見渡すと、周りの山々が見渡せ、ラスベガスが盆地の中にあることが
よくわかります。

それにしてもいいお天気。
その後滞在5日間、雨に降られることはありませんでした。
照る照る坊主いらずですね。
日中の日差しは強いですが、空気も乾燥しておりサッパリしています。

それでは外に食事に行きましょう。

ラスベガス・コスモポリタン
コスモポリタンホテルの外観です。大きいですね。

通りを10分程歩くとスーテキハウスがあります。

スミス&ウォレンスキー・ベガス
アメリカ主要都市にあるという「スミス&ウォレンスキー」
とってもおしゃれな雰囲気です。

スミス&ウォレンスキー・ベガス①
前菜は大きな海老のボイル。プリプリでおいしいです。
バドワイザービールでハイテンション!
「ジョージア飲んだらアメリカフィーリング♪」
あっ、ジョージアじゃないか・・・()

スミス&ウォレンスキー・ベガス②
おまちかね「牛フィレ肉のステーキ!」

日本だと、牛フィレ肉なんて2口~3口がやっと・・・
こちらでは、ガッツリ食べることができます。
初めてフィレ肉をローストビーフのようにスライスして食べました。

この手のアメリカ牛のお店は、丸の内にできた「ウルフギャング・ステーキハウス」以来。
ベガス初日の夜に大ごちそう。大満足です。()

ベガス・夜の通り①
おなかもいっぱいで、ラスベガスの夜の街を散歩。
外国に来たな感があります。
昼間の暑い日差しがウソのように涼しいです。

フラミンゴ電飾ベガス
こうしたネオン電飾もベガスっぽいですね。フラミンゴホテルにて

ラスベガスショー公演
ショピングモールの中には、突然、ストリップショーのBarやシアターが現れます。
様々なショーが観られるのもラスベガスの特色です。

さてホテルの部屋に戻るとそこは・・・

ベガスコスモポリタンホテル部屋③
ホテルのベランダからは、ご覧の通りの夜景言葉もありません。

宝石箱をひっくり返したような・・・
そんなひっくり返すほど宝石持ってませんが。()

ベガスコスモポリタンホテル部屋⑤

写真でも十分きれいだとは思いますが、カメラの性能か私の腕か、
これでも実物の美しさを伝えきれません・・・

次回は、皆さんおまちかねカジノにGo!です。

  つづく

紅白幕連続
スポンサーサイト
18 : 00 : 00 | アメリカ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<ラスベガス取材旅行③ | ホーム | ラスベガス取材旅行①>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://appolon.blog13.fc2.com/tb.php/106-1481e32f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |