スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top
輝きの頂点を・・・。 「レッドライオンアルファ」
2010 / 02 / 01 ( Mon )
紅白幕連続
こんにちは。「赤福」を大人食いなアポロンです。
時間6個を達成しました。
これは、日本人年間平均消費量0.65個(平成15年 総務省調べ)の約9倍にあたります。

さて、今回は羽根モノ初登場になります。
羽根モノと言うよりは、「ヒコーキ台」(ホントはヘリコプターですが・・・)といったほうがいいでしょうか。
レッドライオンアルファ。昭和から平成に移り変わる頃の登場です。

レッドライオンアルファ 新機種紹介
機種紹介記事です。『パチンコ攻略マガジン』 平成元年8月号より

「人気機種をそのまま復元したわけだが、もう少し工夫を凝らしてほしかった」
単調なアクションが物足りないそうですが、この記者はわかっていませんね。
そんな事をしたら「レッドライオン」の持ち味がパーになることに。

むしろ記者なら複雑な動きをする機械が多くなるほど、シンプルな「レッドライオン」の存在価値が増すことに気付いてほしいところです。

実は、私、羽根モノが三度の飯と同じくらい大好きで、以前は朝から晩までいろんな台を打ち歩いていました。
ホールをのぞくたび、初めて出会う機種に心ときめいていた頃です。
そうした頃、たいていどこのホールに行っても西陣の羽根モノが何機種かは置いてありました。
人気・設置台数・おもしろさ
羽根モノにおいてのトップバッターは、西陣をおいて外せないでしょう。

レッドライオンアルファ パチンコ必勝ガイド 平成元年9月号
『パチンコ必勝ガイド』 平成元年9月号より

パチンコファン 平成元年10月号 レッドライオンアルファ
『パチンコファン』 平成元年10月号より

昭和から平成に移り変わる頃といえば・・・
ちょうど貯留タイプ・停留タイプが一般的になり、まだまだおもしろい羽根モノが出るんではないかと予感できた頃です。
「魔界組」や「パチンコ大将」・「すし五郎(^^;」登場前夜になります。

レッドライオンアルファ パチンコ丸秘情報
「パチンコ(秘)情報」20号 平成2年2月20日発行

「西陣の羽根モノおもしろかったよなぁ」という話題になった時、一般的に指すのは平成元年~2年頃の台が多いのではないでしょうか。
(※一般的にはです。(^_^; ここのブログをご覧になる御仁の中には「なに言ってんだ。ハレー彗星ロボQは外せないだろ!」「D-51以外ありえないだろう。わかったような口きくな!」とお考えの方もいるでしょうが・・・)

まぁ、それだけ西陣の羽根モノは偉大ですごかったという事です。

「レッドライオンアルファ」(レッドライオンP5)は、西陣(ソフィア)が1043番目に開発した機種となります。

それでは、実機をご覧下さい。

     続きをどうぞ・・・

ミニ花輪連続
続きを読む
18 : 00 : 00 | パチンコ | トラックバック(0) | コメント(10) | page top
<<前のページ | ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。