スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top
人気の謎に迫る!! 「ドリームX」第二回
2009 / 11 / 17 ( Tue )
紅白幕連続

こんにちは。
最近のマイブームが「どんまい!!ちゅ~吉」のアポロンです。
前回に引き続き、フルボリュームで「ドリームX」を特集します。(^_^)

ドリーム3 パチンコ(秘)情報
画像は、かなりレアな「ドリーム3」。
『パチンコ(秘)情報』19号 平成元年12月20日発行より

なにも言われなければ「ドリームW」にしか見えませんが、図柄が16種類あり、*(アスタリスク)揃いでも大当りするそうです。 (^*^)♪⌒☆
「ドリームW」盤面に「モナコ」表記にも違和感があります。

パチンコ(秘)情報 19号表紙
ほのぼのとした表紙ですね。 (^_^)

さて、地味目なドリームですが、ジワジワと設置を伸ばし、そして爆発的人気となった要因はなんでしょうか?
「ゲージがよかった」(ホール・客双方共)・「かかり方がいい」・「デジタルの止まり方が絶妙」など、いろいろな意見があると思います。
中には、「ニュービッグセブンを打っていた常連の大量店内移動」という意見もパチンコ雑誌で読んだ記憶があります。

それぞれ一理あると思います。
当「玉の動きも演出!」としても、避けては通れない課題です。
パチンコ史上でも謎とされる、とりたて強烈な特徴のない「ドリームX」のヒット。
なにが「ドリームX」の魅力だったのでしょうか?

それでは「玉の動き」といった視点で検証してみましょう。
    続きをどうぞ・・・

ミニ花輪連続
続きを読む
スポンサーサイト
18 : 00 : 00 | パチンコ | トラックバック(0) | コメント(6) | page top
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。