花満復活!!
2015 / 03 / 20 ( Fri )
紅白幕連続

私は、地方のスキー場めぐりを趣味としています。
今年のスキーシーズンもいろいろと遠征してきました。(^^)
重い荷物と恵まれない天気にもめげず・・・
冬は雪国を巡る旅も楽しいものです。
先日、積雪の最も多い県庁所在地青森まで行ってきました。

モヤヒルズより青森市街
モヤヒルズスキー場より望んだ青森市街と陸奥湾

モヤヒルズのモヤとは地名の雲谷(もや)からで「雲谷の丘」の意のようです。
靄(もや)からかと思い霧が多いとイヤだなぁと思いつつモヤモヤしていたら地名のようで納得。
空を見上げると北西の風が市街の方から雲を運んでくるのがわかります。

ちょうどスキー場の上空あたりで雪雲が生成され厚くなっていきます。
写真では晴れていますが、強い上昇気流が発生して霰(あられ)と降雪と晴れ間が
繰り返し訪れます。

しかしながら、青森市に多くの積雪をもたらすのはこの日のような風向ではありません。
南西からの寒気の流入が降雪に大きく影響しているとのこと。
この日、上空に寒気はきていましたが晴れ間ものぞく天気です。

青森市が豪雪都市なのは、どのような要因からでしょうか?

モヤヒルズより遠望
八甲田山に連なる山々。このスキー場は北斜面で八甲田山は山の影に隠れています。
山々が南西から北東に連なる様子がわかるでしょうか?(写真右から左)

秋田の高層気象との相関が深い青森市。この地方特有の要因とは?
八甲田山系西側斜面は南西から北東にかけてほぼ平行した等高線があります。
この地形が青森市に一定の方向に吹く風を生じさせます。

上空からの八甲田山
上空から見たモヤヒルズ(中央部) 手前中央が八甲田山、右上が青森市街

南西の季節風が八甲田山(1500m)西側~北西斜面上空に集約し上昇気流が生じ雪片を生成。
上空2000mで生成された雪が風に乗り20km離れた青森市街に雪を降らすとの事です。
つまり青森は里にありながら山雪がもたらされる都市となります。

港町ながら、こうした山雪が豪雪のメインとなるのが青森の独特で特殊な積雪要因だそうです。

また、津軽山地の稜線に沿って吹く北西風と八甲田山系を迂回する南西風が青森市西側で
収束することで上昇気流を引き起こし雪片を生成という要因もあるようです。
その収束帯に青森空港があるのもスゴイ事ですね。
参考文献 『青森市の積雪特性』     日本雪氷学会誌 雪氷 第51巻4号
『地形による風の収束と青森市の降雪』 日本雪氷学会誌 雪氷 第57巻3号

豪雪で有名な八甲田山ですが、このあたりからドンドン雪深くなっていきます。

モヤヒルズロープトゥー
あまり見かけなくなってきたロープトゥーも現役です。腰にクルッと引っ掛けるのがコツ。

青森市営のスキー場。スキーのセンターハウスも下手なリゾートより立派で豪華。
全体的な価格設定も高くありません。ここは青森市民憩いの場のようです。

今回のマイヒットは・・・

モヤヒルズ石焼いも
モヤヒルズイシヤキイモ 回文ではありません・・・(^^;;

スキー場で販売している石焼イモです。(^^)
スキー場の食事って寒い中すべるので、市中で食べるより3割~5割増しにおいしく感じますが・・・
「石焼イモ」マジうまいっす!しかもお値段も手頃。
焦げめの香りや黄色くとろけた芋の甘味・・・(>o<)
他のスキー場もマネしてほしいです。

青森市民がうらやましく感じるスキー旅行でした。

さて、緊急告知です!
なんと、あの花満開がまんま戻ってくるとの情報をキャッチしました!
その名も「CR甦りぱちんこ花満開」

なんということでしょう!
今までさんざん望んでいたのと違うものが出てきましたが・・・
今度は正真正銘本物の花満のようです。(^^)
ショールームにも元祖4機種が並べられていたとの噂。
興味深い話です。
そこで独自の情報網を駆使してその詳細を調べました。

甦りぱちんこ花満開②
ここまで到達するのに22年もかかりました・・・
機能の進化だけで、本質の変わらないハナハナ・ジャグラーは既存のお客が
残ってますが、だいぶスパンが開いたのが気になります。

はたしてどんな機種なんでしょうか?

続きをどうぞ・・・

ミニ花輪連続
続きを読む
スポンサーサイト
18 : 00 : 00 | 旅ネタ | トラックバック(0) | コメント(6) | page top
関西出張
2015 / 02 / 02 ( Mon )
紅白幕連続

今年新年一発目のパチンコは、SANKYOの「CRフィーバークイーンⅡ」を打ってきました。
最近出た機械の中では、そこそこ人気があるようです。
とは言えお正月二日目。大変な状況も想像しましたが千円で25回前後と
まずまずのスタート状況で一安心です。

しばらく打つとJKとAのダブルテンパイ。シンプルな感じですが熱く思えます。

FクイーンAAA①
見事にそろいました!!かつてのクイーンを彷彿させる図柄配列。
今の機械にしては、わりと素直に当ってくれたのも嬉しいです。(^^)
他メーカーなら、まだしつこいリーチアクション中でしょう。

FクイーンQQQ②
そして8回転のST中に保留連チャン!!金色でガロっぽいですね。
QQQはクイーンぽくて好きです。
細かいスペックまで見ると複雑そうに思えますが、まずは普通に誰でも楽しめるように
できているのはサスガ!三共です。
元の面影すらないリメイク機の多い中、いい面でリニューアルした感じに好感が持てます。

FクイーンJKJKJK③
さらにST中JKJKJKで都合保留3連チャン!

今の機械は疲れる機械が多いです。そう簡単には当たりませんし、リーチアクションも
異様に長い。出たら出たでダラダラ連チャンが続いて帰れない。

かつてのリメイク物は上手なメーカーと下手なメーカーがあります。
しつこいくらいかつての名機を液晶で出す所もありますしね。
毎年「まんま同じで作りゃいいんだよ」と言っても頑なです。
無駄にお金をかけて違うところに心血注いでいます。
「そこじゃないのに・・・」
2回ループ以外は、今なら近い物作れるはずなんですが・・・

三共は、近年比較的上手なほうだと思います。
コンセプトが割りとしっかりしている感じです。
細かい所では、希望や残念な所もありますがイイ線いっています。
近々「Fパワフル」も控えてるようで、これも期待したいです。

パワフル写真

パチンコ人口が1千万人を切ったそうですが、復活の鍵は
「普通の人に来てもらう事」だと思います。
パチンコ打つ人って、例えば月7回打ってた人が負けが込んだりで
翌月じゃあ5回にするかというとそうしない人が多いと思います。
やらない時はイキナリ0回になるんではないでしょうか?
その数が最盛期3000万人から減った2000万人だと思います。
いろんな面(時間・予算・出玉)でほどほどの機械にも力を入れてほしいものです。

さて、新年早々に急な関西出張となりました!
丸一日自由に過ごす時間があります。
そこで阪神さんに連絡。「その日ならあいてますよ
急な連絡にもかかわらずお会いできることとなりました。(^^)
ありがとうございます。m(_ _)m

朝、真っ暗なうちに出発。

羽田空港さくら夜明け前2701
夜も明けきらぬ空港に到着 羽田空港さくらラウンジ
尾翼の辺りにある富士山が見えるでしょうか?

誘導路をしばらくウロウロ。今日は、A滑走路34Lからの離陸になります。
このパターンは初めて。北風早朝時のみの運用パターンとのことです。
(着陸では一番多い49.1%ですが、離陸時はわずか0.6%)
離陸機が多く、着陸機が少ない時間のためでしょう。
頭上をまたいだ海外からの便?が着陸するや否や追いかけるように離陸開始。
都心部上空を大旋回します。

富士山全景2701
朝日を浴びる富士山がきれい。雄大な景色です。
手前の雲を砂に見立てたら枯山水の世界になります。

空気も澄んでお天気もいいです。飛行も安定しています。

katusanndo2701
朝食は、万世の万カツサンド。食べ応えがあっておいしいです(^^)
万世橋周辺は、東京でもおいしいトンカツ屋さんが集まっています。

徳島空港に着陸するような態勢で、鳴門大橋・淡路島・神戸空港を眺めながら
グルッと大回りでの遊覧着陸。
このあたりは、伊丹・神戸・関空の航路が複雑にからみあっていておもしろいです。

無事到着。阪神さんに連絡します。

おはようございます。お久しぶりです!
久々にお会いする阪神さん。お元気そうでなによりです。(^^)
お茶でも飲みましょうと喫茶店に。

komeda2701
中京地区でおなじみのコメダ珈琲店。
店員の女の子が関西弁なのが妙と言えば妙に感じられます。

積もる話も山々にお互いの近況を話しつつ、パチンコの現況を嘆きます。

続きをどうぞ・・・

ミニ花輪連続
続きを読む
18 : 00 : 00 | 旅ネタ | トラックバック(0) | コメント(4) | page top
東海地区訪問 秋
2014 / 11 / 17 ( Mon )
紅白幕連続

先日、東海地区に出張しました。
ひとりマルハンさんからお預りしていた「キューピット」を返しに行くためです。

NYで入浴し、飛行機で一路中部国際空港へ

ビジネスクラスシートJ
明日は、経営者の集い。今回はビジネスクラスシートでの搭乗です。(^^)

夏休みの宿題を早めに終えて、あとは提出するのみ。
貴重な預かり品、破損しないよう慎重に扱います。
機内に持ち込めるサイズ(物?)ではないので、取扱注意で手荷物カウンターへ。
必ず中身を聞かれます・・・(^^;;

機内提出宿題積み込み
機内に大事な提出用宿題が積み込まれます。
2度空輸されるパチンコ機なんてまずありませんね。(^^;;

機上モニター日照
飛行機に乗ると地球は丸いことを実感します。太陽の動きに合わせ
地図上の昼と夜が入れ替わります。

今月のJAL名人会(落語寄席)は、上方落語の「はてなの茶碗」。好きな噺です。

機上パックマン
機内専用パックマン 座席コントローラーの操作性は悪いです。
ご覧のように追われると誘導切り返しの微調整が思うようにいきません。
絶体絶命のピンチ。

高度が下がってきました。中部国際空港に近づいているようです。
眼下には雄大な南アルプス・中央アルプスの風景が
遠く八ヶ岳連峰や北アルプスも望めます。

北岳上空
南アルプス北岳上空 手前が北岳 右手が甲斐駒ケ岳 中央やや左が仙丈ケ岳
いずれも標高三千m級の山々です。
眼下に見える白鳳渓谷は、日本でも一番深い谷ではないでしょうか。

渥美半島を眺め知多半島を周り込み、セントレア中部国際空港へ着陸です。

中部国際空港常滑招き猫
中部国際空港では、招き猫がお出迎え(^^) 「らっしゃい!!」
愛知県常滑市は招き猫全国シェア87%(ハナですね!!)

いよいよ文化や思考の異なる大名古屋文化圏に入国です。
盆踊りにダンシングヒーロー(荻野目洋子)は欠かせない。
沖縄じゃないのに沖スロが幅をきかせているという情報。
機種依存度でいったら海物語以上との事です。

続きをどうぞ・・・

ミニ花輪連続
続きを読む
18 : 00 : 00 | 旅ネタ | トラックバック(0) | コメント(4) | page top
薩南諸島アイランドホッピングの旅 (下)
2014 / 02 / 17 ( Mon )
紅白幕連続

奄美の夜の街に繰り出します。

パチンコ店が現れます。以前は、こんな雰囲気のホールばかりだったよなぁ。
入ってみることにしましょう。

奄美大島名瀬パチンコ店
なんとなく懐かしさがある造りです。1パチ専門店。パチンコ専業ホール。

機械は、今時の機械ですが、ホールの雰囲気は悪くないです。

奄美は、ハイビスカスの島。当然、沖スロがあるものと思いますが・・・
奄美には、ないんです。普通にジャグラーが人気。
鹿児島市よりは、沖縄本島のほうが断然近いのですが、ここは鹿児島県です。

奄美 定休日掲示板
レトロ台はありませんが、レトロ看板はあります。こんな掲示板あったなぁ。
現役ホールです。突撃しちゃダメですよ。(^^;;

1パチって、売上げは4分の1だけど、利益率は4倍のアレだろ。
あまりやったことありませんが、それほどいい印象はありません。
とりあえず、大人のたしなみ程度のパチログは持っているので、CRAKBを打つことにします。

こちらのAKB、思いもかけずよく回ります。

奄美AKB①
イキナリ赤保留!7のリーチって珍しいよなぁ・・・と思ったら

奄美AKB②
スグに当っちゃいました!!!

奄美AKB③
16ラウンドがバンバン来ます!

ミュージックラッシュ終了後も持ち玉で遊技。よく回ります。
1パチの先入観が覆るぐらい、よく回ります。出玉も変動中のスタートもそこそこ。
奄美では、コレが普通なのでしょうか!

奄美AKB⑧
少しハマリますが、よく回るので楽しめます。すると再び赤保留。

奄美AKB④
こんなのまで出てきます!(^^;; ガンバレガンバレ

奄美AKB⑤
見事、SPSPリーチ「重力シンパシー」で大当り。

奄美AKB⑥
ウッハハー!今日は、どうしちゃったんでしょうか?

奄美AKB⑩
「推しメンROUND」って・・・
「べっ、べつに玉が出てるから打ってるだけなんだからねっ!」

奄美AKB⑦
ウハウハです。思わぬヒキを発揮。(^^) かわいいなぁ

奄美の夜は暮れていきます。

それでは続きをどうぞ・・・

ミニ花輪連続
続きを読む
18 : 00 : 00 | 旅ネタ | トラックバック(0) | コメント(4) | page top
薩南諸島アイランドホッピングの旅 (上)
2014 / 02 / 14 ( Fri )
紅白幕連続

最近、このようなポスターを目にしました。

札幌雪まつりポスター 2014
第六十五回 さっぽろ雪まつり 2月5日(水)~2月11日(火・祝)
かわいらしい浮世絵風ポスターは、新鮮ですね。瓜実顔やしぐさ、色使い、好みです。()

今まで、雪まつりの頃は、飛行機も宿も高いので敬遠していましたが・・・
このポスターに魅かれ、行ってみたくなりました。(^_^)

雪まつり雪像製作中
先日、札幌を訪ねた時は、まだ雪像を製作(建設!?)中。
大きな雪(氷)の塊を積み上げ削って仕上げていくんですね。
建築現場のような足場を組み、自衛隊の方々が朝から張り切っておりました。(^^)

北海道に行く機会に恵まれ、スキーの日程を一日空け、楽しみにしていましたが・・・

全便欠航!残念(_ _)
東京は45年ぶりの大雪!!飛行機は欠航になりました。(_ _)

さて先日、跳び飛びの旅「小型プロペラ機で薩南諸島のアイランドホッピング 2日間」という
ツアーに参加してきました。(^^)
奄美大島を中心に飛行機で島巡りの旅を楽しむというものです。
飛行回数は、なんと2日間で16回!!
通常の観光ツアーとは異なる、珍しい旅行企画です。

薩南諸島アイランドホッピングの旅

奄美大島から、喜界島・徳之島・沖永良部島・与論島などを周る島巡り。
宿泊する奄美大島以外の離島は、滞在時間25分のあわただしい旅行です。

この「小型プロペラ機で薩南諸島のアイランドホッピング 2日間」の旅。
飛行機に乗るのがメインの旅ですが、ただ単に島巡りだけではありません。
直行便のある奄美大島への往復も、往路は、徳島・福岡空港経由、復路は、鹿児島空港経由で、
なかなか、奄美・羽田にたどり着けないものとなっております。

行程は、
1日目 搭乗時間345分
JAL1431便 羽田 7:25 → 徳島 8:45(滞在30分)
JAC3560便 徳島 9:15 → 福岡 10:40(滞在50分)
JAC3681便 福岡 11:30 → 奄美大島 12:55(滞在50分)
JAC3833便 奄美大島 13:45 → 喜界島 14:05(滞在25分)
JAC3832便 喜界島 14:30 → 奄美大島 14:50(滞在30分)
JAC3843便 奄美大島 15:20 → 徳之島 15:55(滞在25分)
JAC3844便 徳之島 16:20 → 奄美大島 16:50

宿泊 ホテルウエストコート奄美・奄美サンプラザホテル・奄美山羊島ホテル より選択

2日目(月・水・金・日)※火・木・土は奄美→与論→沖永良部→奄美 搭乗時間370分
JAC3851便 奄美大島 10:40 → 沖永良部島 11:20(滞在25分)
JAC3855便 沖永良部島 11:45 → 与論島 12:10(滞在25分)
JAC3862便 与論島 12:35 → 奄美大島 13:15(滞在30分)
JAC3833便 奄美大島 13:45 → 喜界島 14:05(滞在25分)
JAC3832便 喜界島 14:30 → 奄美大島 14:50(滞在25分)
JAC3843便 奄美大島 15:20 → 徳之島 15:55(滞在25分)
JAC3844便 徳之島 16:20 → 奄美大島 16:50(滞在25分)
JAC3734便 奄美大島 17:15 → 鹿児島 18:25(滞在45分・2時間15分)
JAL1876便 鹿児島 19:10 → 羽田 20:40 もしくは
JAL1878便 鹿児島 20:40 → 羽田 22:10 の選択
となっております。

奄美大島ハイビスカス③
この花に異常なまでの執着を感じる方もいるかもしれません。(^^;;
奄美大島には、島中一年中咲き乱れております・・・
※画像は、イメージです。本文とは関係ありません。

2日間で搭乗16回・飛行時間11時間55分・移動距離2349マイル(3780km)!!
各空港の平均滞在時間は、31分です。
ずっと飛行機に乗りっぱなし。
しかも、ほとんどの行程が揺れやすく振動の大きなプロペラ機。
飛行機が苦手な人は、もちろんですが、よほどの物好きでなければ・・・(^^;;
なんともマニアックな企画。これでも正式なジャルパックのツアーです。

それではさっそく出発しましょう。

続きをどうぞ・・・

ミニ花輪連続
続きを読む
18 : 00 : 00 | 旅ネタ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム | 次のページ>>