スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top
CRフルーツパンチ登場!! 本年もよろしくお願いします
2017 / 01 / 01 ( Sun )
紅白幕連続

新しい年が明けました。
本年もよろしくお願いします。m(_ _)m

昨年は、ラスベガスへの取材旅行に行ったりと様々なことがありました。
古い機種の紹介ができなかったことがこのブログの反省点ですね。

このブログを始めた頃に比べると、名前だけじゃないリメイク機が出てくるようになりました。
年明けの目玉は、大一のCRフルーツパンチですね。
フルパンがセル柄そのままに復活します!
数字がそろうと後光も射すようです。

CRフルーツパンチスペック
名機復活 CRフルーツパンチ

久々に大一の台を打つ人は、立ち上がった時に頭をぶつけないよう気をつけて下さい。
以前の白縁枠と違い頭上にひさしのような物が飛び出ています。

CRフルーツパンチ遊び方

時間を選ばない遊技性やノーマルリーチがメイン(ノーマルで期待が持てる)のが特徴のようです。
以前、このブログでも「フルーツパンチ 大一商会 平成2年」の項で紹介しました。
確率や始動口賞球数など気になる点もありますが、かなり元祖機を意識した作りのようです。
大一の意気込みを感じます。
この機械には、ぜひ頑張ってもらいたいところです。()

フルパン後光555
後光も復活!ちゃんとポイントを押さえているのはさすがです(^_^) 写真は、旧フルパン後光


この動画は、かつて私が旧フルパンを撮影したものです()

最後、新潟まで打ちにいくほど好きな機械でした。
この流れをとざさないよう期待しますし、次につながりますように・・・
ホールから離れた人にも足を向けてもらえるよう情報発信に努めていきたいです。
このブログをご覧の皆様もぜひ打っていただけますようお願い申し上げます。m(_ _)m

昨年はいろいろありましたが、本年は上向きの年になるよう努めていきたいと思います。

ミニ花輪連続
スポンサーサイト
00 : 00 : 00 | その他 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top
歌の感謝祭 2016
2016 / 11 / 19 ( Sat )
紅白幕連続

先日、「ラジオ日本 歌の感謝祭 2016」という演歌番組の公開録音に行ってきました。
父の友人が行かれなくなり、急遽往復はがきの抽選入場券がまわってきたためです。
こうした公開番組の鑑賞は初めて。楽しみです。(^_^)

TVで見たことのある市川由紀乃・丘みどり・杜このみは観てみたいなぁ・・・
(若手美人歌手ばかりですが・・・

会場に着くと座席指定の抽選で長蛇の列。
受付開始から時間をずらしたのですが、それでもすごかったです。

ラジオ日本 歌の感謝祭 プログラム
出演者の一覧です。なんとも豪華なメンバー。

会場は、2000人収容の神奈川県民ホールです。
横浜の山下公園そば、大桟橋や港の見えるいい環境。
NHKホールを参考に作られたそうで、紅白等で会場の規模を想像して下さい。

出だしは五木ひろし。生バンドにも迫力があります。
歓声があがり掛け声が入るのも舞台ならでは。
続いて新人歌手勢、中堅、ベテランどころと続き、各出演者が持ち歌を披露。

松原のぶえと角川博は客席から現れ握手攻めに・・・
いかにもな演出も嬉しいですね。

ラジオ日本 歌の感謝祭 丘みどりCD

仲入り(途中休憩)があり、ロービーで販売されているお土産品をのぞきます。
さすがにレコードはなかったですが…
演歌界では今でも新曲でテープが売られてるんですね。

私は、丘みどりのCDシングル『霧の川』を買いました。
TVで観ると着物は見たことなく、スタイルがいいのでノースリーブ・スカートが多いです。
カラオケをやる母からは、シングルCDに付く楽譜が特に喜ばれました。



後半は、五木ひろしのギター弾き語りから始まります。
そして各出演者による往年の名曲の歌唱。
丘みどりは松坂慶子の『愛の水中花』でした。

最後の〆は、五木ひろし。
夏木ゆたかが「それでは最後に『九頭竜川』と『桜貝』の2曲をどうぞ」と言ったので
横浜なのに『よこはま・たそがれ』はないのかなぁ・・・と思ったら

曲の終了後、舞台と客席が突然明るくなり『よこはま・たそがれ』が
最後は、出演者全員がそろい大熱唱のフィナーレ。客席も大盛上がりです。
いやぁ演歌界の演出もうまいなぁ・・・()

ラジオ日本 歌の感謝祭 太田胃にゃん
おなじみのピアノ曲が流れ、舞台でもイジられていた「太田胃にゃん」
日本橋生まれだそうです。
「ゆるきゃらグランプリ」にも一票投じてきました。
今回の提供は太田胃散。「ありがとう いい薬です」()

終演後は出演者のお見送りが。
丘みどりさんと握手をし少しお話しできました。
美人で芸能人オーラがすごいです。

「初めて生歌の『霧の川』を聞けました」
「どうでした?」
「澄んだ歌声が心に響き感激しました」
「ありがとうございます!これからもよろしくお願いします!!」

メッチャ喜んでくれて嬉しかったです。
緊張しましたが、こうした生身のふれあいっていいですね。(^_^)
一発でファンになっちゃいます。
間違えて…「歌、お上手ですね」なんて言わなくてよかったです。

   今回は続きの欄はなしです

ミニ花輪連続
18 : 00 : 00 | その他 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top
ラスベガス取材旅行④
2016 / 10 / 21 ( Fri )
紅白幕連続

♪あなたは特別な男の子~ 私を自由にできる~♫
林寛子 「素敵なラブリーボーイ」
♪遊び好きな男の子に あげちゃうかも どうする気なの ヤヤンヤーン♪
浅野ゆう子 「青い誘惑」
とんでもない歌詞を女の子に歌わせてたもんです。(^_^;;

昔のアイドル話(河合奈保子の回)で、思わぬ反響が・・・
ベガスネタに入る前に今回は少しマクラ話を

ビューティフル・サンデー①
「NHK第2回ヤング歌の祭典」  映像は、昭和51年5月5日の放送

当世ヤングアイドル達が大集結して「ビューティフル・サンデー」を歌います。
なんとも豪華な顔ぶれ。もちろん百恵ちゃんも出ています。
大阪府伊丹市では今でも盆踊りに使われるという謎の息の長さの曲です。

これだけの大人数。
普段の行動もバラバラでなかなかリハーサルというわけにもいかなかったでしょう。
スーちゃんはワンテンポ遅れ、林寛子は片平なぎさとのペア。浅野ゆう子の髪型にも好感が…
ぬるい振り付けにもまた味わいがあります。

動画がありました。



第一陣(白服)のセンターがリリーズと黒木真由美。
第二陣(青服)のセンターが山口百恵・アグネスチャン・森昌子・桜田淳子。
やわらかい言い方をすれば、白服が新人組で青服がベテラン組といったところですが…

芸能界のあらゆるものが見え隠れしてるのもまた興味深いです。
けっこう順番・位置決めやカメラ回しのバランス調整に大変だったのでは?
なんとなくの妥当感もありますけど。
AKBが選挙というやり方を採るのも、案外と調整弁というアイディアかもしれませんね。

ビューティフル・サンデー②

いずれにしても、ノースリーブ・ミニスカ・ブーツ…そそられます。
ヤングパワーあふれる昭和50年代前期。たまりません。
いい映像が残ってたもんです。


前回からの続き

さて本日は、朝早くの出発。
早朝、ホテルにグランドキャニオンツアーのバスが迎えに来ます。
ツアー参加者を各ホテルで拾い、飛行機で遊覧飛行するためです。
朝日もまぶしくさわやかにこの後の期待感が高まります。
グランドキャニオンも楽しみですし小型飛行機に搭乗できるのも楽しみです。(^_^)

空港近くのホテルで参加者を乗せ、バスはほぼ満席。
そこで空港に向かうと思いきやバスは高速道路に乗りぐんぐんと郊外へ向かいます。
やがて峠を越え砂漠地帯。
あれ!?バスツアーと申し込み間違えたかなぁ・・・
バスで14時間かけて行くツアーもあります。

高速道路に突然信号機のある交差点が!
バスは右折するとセスナ機が駐泊している飛行場が見えてきます。
砂漠の中の空港に到着です。

ボルダーシティ空港③
ヘリコプターによるツアーも盛んに行われています

ここはラスベガス郊外のボルダーシティー空港。
市内のマッカラン国際空港は超過密空港なので郊外に分散させているのでしょう。
(ホテルから飛行機の離着陸が見えますがものすごい高頻度です)

受付で体重を量り色のついたシールをもらいます。
これで座席の割振りが決まるようです。
やがて「ピンク!」とか「ブルー!」と呼ばれシールの色別に整列点呼。
そこで座席指定の搭乗券をもらいます。

ボルダーシティ空港②

搭乗する飛行機は、DHC6-300(乗客19人乗り)
以前、福岡→奄美大島で搭乗したJACのDHC8-Q400の兄弟機になります。
(Q400のQは、Quiet(静音)の意で改良が加えられた機体です)

飛行機は、窓を大きくする等オリジナルの改良を加えられておりますが、
静音改良設計以前のシリーズ機のため機体はかなり古いようです。
座席もとても狭く幼稚園バス並み。
おそらく製造より30~40年程度の旧型機なのが嬉しいです。

機長と記念撮影をし、離陸します。
砂漠の空港を飛び立ちレッツラゴーです。
動画をどうぞ。


砂漠の風景の中の離陸が心地いいです

飛行機は、フーバーダムを左に見つつ遊覧します。
フーバーダムは、コロラド川を堰き止め1936年に竣工されました。
その人造湖であるミード湖は、日本に2500あるとされるダムの総貯水量の約2倍あるとか・・・
スケールがでかすぎて、落語の頭山でも聞いているような気分です。

ダムそのものの大きさはそこまでの規模を感じさせませんが・・・
アメリカの広大さを実感させます。

ミード湖②
コロラド川とミード湖 ダムは山陰に隠れています
(※復路に撮影 往路はダムのほぼ真上を飛行します)

ここで一つ出来事が。
通常航空会社が最上位の扱いとするとされる1Aの座席。(最前部左前窓側席)
今回空席だったのですが、日本人観光客がそこに移動。
それにより機体がやや左下寄りに傾きます。
副操縦士がそれにすぐ気がつき後ろを振り返ります。

ミード湖③

緑あふれる山々を見慣れた私の目には、木々の生えてない景色に違和感を覚えます。
日本では見られない景色。

ミード湖①

砂漠の山々と枝葉のように広がるミード湖を眺め、左にやや傾いた飛行機は
グランドキャニオンに向かいます。

   それでは続きをどうぞ

ミニ花輪連続
続きを読む
18 : 00 : 00 | アメリカ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
ラスベガス取材旅行③
2016 / 10 / 07 ( Fri )
紅白幕連続

前回からの続き

カジノへ行く前にベラジオホテルの有名な噴水ショーをご紹介します。

ベラジオホテル①

私の部屋側からは見えませんが、コスモポリタンホテルの隣がベラジオホテルです。
こちらでは15分に一回、見ごたえのある噴水ショーが行われます。
「ピンクパンサーのテーマ」やジャズ等、アメリカらしい選曲です。
ここは気に入り、その後3回ほど噴水ショーを観に行きました。()

ベラジオホテル②

そして一日のしめくくり、午前0時の最終ショーは、
ホイットニーヒューストン熱唱のアメリカ国歌。
パル工業のビガーを思い出します。



噴水でこんなに感動するとは思わなかったです。
砂漠の街で噴水ショーというのもなんとも贅沢。
日本だと和田倉門の噴水が好きですが、ここまでの派手さはないですよね。
空砲がドッカンドッカン水の出力もMAXレベル
正面やや左寄りのベストポジションからの撮影です。大迫力!!



アメリカすげぇ・・・やる時やってくれます()
来てよかったです。()
水の扱いはもちろんですが、光の使い方も上手です。

アメリカ国歌の余韻にひたりながら・・・
ベラジオホテルのショッピングモール街を歩きます。
もう秋の装いですね。
深夜だというのに人の通りが絶えません。

ベラジオホテル③

さて、ここで出会いがありました。(^_^)

きれいなベラジオホテルの天井を撮っていたら・・・
「ねぇ、私の写真も撮って下さる
金髪の美女から声を掛けられます。

すでに腰をくねらせ手を髪にあてポーズを取りスタンバイしています。
いやぁ、思わぬ所で古台くんさんのミッションを達成できました。()
「えぇ、喜んで!

日本から来た事や観光で来た事などを話し、
「お会いできてよかったわ」と握手しました。
ここで小さいながらも日米親善が交わされます。()

それでは続きをどうぞ

ミニ花輪連続
続きを読む
18 : 00 : 00 | アメリカ | トラックバック(0) | コメント(6) | page top
ラスベガス取材旅行②
2016 / 10 / 04 ( Tue )
紅白幕連続

前回からの続き

空港で荷物を受取り、ラスベガス市街(ストリップ地区)へと移動します。
砂漠の中の街というイメージとは逆に車は多いです。
車線は多いのに大渋滞。
そのぶん街をゆっくり眺められました。

まだ、右側通行に慣れておらず違和感があります。

ラスベガスM&Mチョコ
「お口でとけて手にとけない」M&Mチョコのお店です
後日訪ねましたが、香料の匂いがすごく5分で退散しました

ラスベガス・ストリップ地区の距離感をさぐりながら、ホテルに着きます。
ザ・コスモポリタンホテル・ラスベガス
The Cosmopolitan of Las Vegas
3000室の部屋を擁し、まだできて5年ばかりの新しい61階建てのホテルです。

ベガスコスモポリタンホテルフロント①

なんともゴージャスなフロント
柱は全て大型モニターになっており、様々な映像が・・・
いくつものクリエイターに競わせて作ったのでしょうか?
滞在中、何度も観ましたが同じ映像はありませんでした。

ベガスコスモポリタンホテル3連bar
カジノに付き物のBAR 1F2F3Fともに吹き抜け三連BARです
にぎやかな歓声が聞こえてきます。

エスカレーターもシャンデリアの天井に金ぴか真鍮の装飾。
朝、だれもいない時間にピカールのようなもので拭いておりました。m(_ _)m
豪華さの陰にはこうした手間もあるんですね。()

ベガスコスモポリタンホテル通路①
謎の犬の置物 ホテルには飽きさせない装飾・演出が盛りだくさん

なんともすごいホテルに来たもんです・・・

それでは、高速エレベーターで部屋に行きましょう。
エレベーターの中では、モニター上ですが鯉が優雅におよいでいます・・・

  それでは続きをどうぞ・・・

ミニ花輪連続
続きを読む
18 : 00 : 00 | アメリカ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム | 次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。